オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

子どもが家に忘れ物…親は学校に届けるべき? 届けなければ“学び”につながる?

忘れ物が続く場合は?

 では、あえて届けずに成長を促しても、忘れ物が続く場合はどうすればよいのでしょうか。

「忘れ物をしないように注意しなさい」と叱ることで、自ら忘れ物に気を付けるようになれば、誰も苦労はしません。

 繰り返し叱られると、「僕(私)はダメな子なんだ」と自信を失くすだけです。まず「忘れ物をなくす」工夫をさせましょう。「『学校に持っていくものリスト』にチェックを入れながら準備する」「担任と相談の上、体操着や筆箱などを2セット用意して、置き傘のように学校に予備を置く」など、さまざまな方法があります。叱られ続けて自己否定をするよりは、よいのではないでしょうか。

「子どもがだらしがない」「忘れ物ばかりしている」と嘆いている親御さんは、参考にしてくださいね。

(子育て本著者・講演家 立石美津子)

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント