オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

新年度の担任発表で「はずれ先生」にあたったらどうする? 親のNG行為は?

「はずれ先生」にあたったときのNG行為

 先生だって人間です。指導力が優れている教師もいれば、そうでもない人もいるのが現実です。もし、望んでいない担任にあたったら、親としてどう振る舞えばよいのでしょうか。親が「やってはいけない」NG行為は次の通りです。

【叩きのめす】

 担任の人格まで否定し、相手が立ち直れないくらい叩きのめす行為です。これでスッキリするのは親だけ。翌日から、担任はその親の子どもに対し、決して「かわいい子」とは思えないでしょう。損をするのは子どもです。人間関係を壊す行為はやめましょう。

【担任を飛び越えて主任、校長、教育委員会に言う】

 何かが起こったとき、相手から直接言われるのではなく、その場にいなかった強い権限を持つ人から「『あなたの○○なところが嫌だ』とクレームが出ているので注意しましょう」と言われたら、誰でも「なぜ、最初に自分に言ってくれなかったんだ」と思い、不愉快になるでしょう。同様に、当事者の保護者から何も言われていないのに、いきなり上司・上層部から指摘されたら、先生は不愉快に感じます。

 言いたいことがあるときは、まず直接担任に伝えましょう。担任を飛び越えて校長や教育委員会に訴えるのは、虐待など解決できない問題が起こったときにしましょう。

【子どもの前で担任の悪口を言う】

 子どもにとって、親の意見は絶対的なものです。例えば「あの先生は、前の先生よりも指導力がない」と夫婦で会話しているのを耳にすれば、子どもは「そうなんだ。今度の先生は教え方が下手なんだ」と思います。

 そうなると、授業中も親の会話が頭にあり「先生の話をしっかり聞こう」「先生を敬おう」とならず、不信感を募らせてしまいます。小学校の場合、同じ先生から算数や国語、体育も習うので、やる気が起こらず、結果として学力が低下するケースもあります。さらには、子どもが親のまねをして、担任を小馬鹿にしたような態度を示すこともあるのです。

 親の気持ちは“以心伝心”で子どもの授業態度に表れます。こうなってしまうと、絶対に先生からかわいがられることはなく、良いことは一つもありません。

「はずれ先生」とうまく付き合おう

 親が「嫌だな」と思っていても、担任と子どもは明日も明後日も長い時間を共に過ごします。思い切って転校したとしても、そこで良い担任と巡り会えるかどうかは保証されていません。

 また、親は好ましくないと思っていても、子どもは先生のことが大好きかもしれません。担任はあくまでも“子どもの先生”です。親の思いと子どもの思いは、それぞれ異なるもの。子どもが先生とうまくいっていれば、それでよいのではないでしょうか。

(子育て本著者・講演家 立石美津子)

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント

1件のコメント

  1. 外れ先生というのは、子供にアレルギーがあるのに、調理実習の連絡をくださらず、禁忌食材を食べてしまって下痢嘔吐しているのに、「あなたのアレルギー症状は違うでしょ」と保健室にもつれていかず、親にも連絡しないような先生です。
    定年間近の先生でした。