• HOME
  • マネー
  • トランプ氏勝利で日経平均1092円上昇、これって歴代何位くらい?

トランプ氏勝利で日経平均1092円上昇、これって歴代何位くらい?

11月10日、米大統領選で共和党トランプ候補が勝利したことを受けて日経平均が急反発、終値で1092円超の上げ幅を記録しました。では果たしてこの上昇幅、過去のランキングにおいては何位に相当するでしょうか。


過去の日経平均株価の上昇幅ランキング

 米大統領選で共和党トランプ候補が勝利したことを受けて、11月10日の東京株式市場では日経平均株価が急反発、前日比1092円88銭高の1万7344円42銭で取引を終えました。

 日経平均はトランプ氏優勢が伝わった9日にいったん急落し、同日は前日比919円84銭安の1万6251円54銭で取引を終了。しかし同氏が「経済優先」の姿勢を示したことから10日に急反発し、終値で1092円超の上げ幅を記録しました。

 上げ幅1092円超と聞くと驚く人もいるかもしれませんが、この「1092円」という数字、これまでの歴史においては、どれくらいの大きさなのでしょうか。

 今回は日経平均株価の歴代上昇幅ランキングについて、マネースクウェア・ジャパンの西田明弘チーフエコノミスト、八代和也アナリストと一緒にひも解きます。

1~3位は1980~90年代に集中している

 これまでの日経平均の上昇幅1~3位は以下の通りです。

【1位】1990年10月2日=2676円55銭高

 この前日に一時1987年3月以来の2万円割れを起こしたことから、橋本龍太郎蔵相(当時)が株価対策を発表。西田さんによると、この対策は「先物・オプション取引の取引時間短縮」などの内容でした。

【2位】1987年10月21日=2037円32銭高

 米ダウ工業株30種平均が大幅に下落した1987年10月19日の「ブラックマンデー」を受け、翌20日の日経平均は3836円48銭も下落。しかし10月21日に大きく反発し当時過去最大の上げ幅となりました。

【3位】1994年1月31日=1471円24銭高

 細川護煕政権下で政治関連改革法が成立し、総合的な景気対策への期待が高まりました。

 では、今年最大の上げ幅となった、今回のトランプ氏勝利を受けた「1092円88銭高」は何位にランクインしているでしょうか。

 正解は「13位」でした。

(オトナンサー編集部)

八代和也先生(FX)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部アナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。

西田明弘(M2J)

西田明弘(にしだ・あきひろ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフエコノミスト

1984年日興リサーチセンター入社。米ブルッキングス研究所客員研究員などを経て、三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社。チーフエコノミスト、シニア債券ストラテジストとして高い評価を得る。2012年9月マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部チーフアナリストに就任。現在、M2Jのウェブサイトで「市場調査部レポート」「市場調査部エクスプレス」「今月の特集」など多数のレポートを配信するほか、テレビ・雑誌などさまざまなメディアに出演し活躍中。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。