オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「婚活サイト」を悪用した男性を信じ、だまされた3人の女性(下)

婚活サイトを悪用した事件が話題となりましたが、筆者のもとには、「体目的のヤリ男」「不倫目的のサギ男」「金目的のヒモ男」という3つのタイプの男性にだまされた女性が相談に来るようです。

女性たちをだます男性の手口とは?
女性たちをだます男性の手口とは?

「体」「不倫」「金」という、それぞれの目的のために、婚活サイトやアプリを悪用する男性にだまされた女性たちのストーリー。前編では、「体目的」「不倫目的」のケースを紹介しましたが、後編の今回は、「金目的」の男性と同棲し、失敗した29歳女性の体験談です。

生活費や学費など150万円を支払った

 3つ目のケースは金目的のヒモ男ですが、大林摩耶さん(29歳)は、こんなふうに声を荒らげます。

「結婚する約束で6カ月も同棲したのに突然、相手が出て行きました。『愛情がなくなり、結婚は無理』と。私にも至らないところはあったと思いますが、今までのことを考えると納得いきません」

 摩耶さんと彼は婚活サイトで知り合ったのですが、当時の彼は前の会社を退職し、「自分探し」の真っ最中。一応はリワークプログラムの中で理学療法士の資格を目指すことに決め、専門学校を受験しようと勉強していたのですが、既に失業手当の受給期間は終了しており完全に無職の状態。それでも目標に向かって頑張る彼のことを応援したいと思い、摩耶さんは2人分の生活費、同棲先の家賃、そして、受験用のテキストや交通費、携帯代などを負担し、彼のことを金銭的に支えてきたのです。

 それなのに、彼は摩耶さんの好意を踏みにじったのだから、摩耶さんが激しく憤るのも無理はありません。6カ月間で摩耶さんが支払った金額は150万円に達していました。

 さらに、彼は摩耶さんと同棲を始めるにあたり、摩耶さんの実家を訪ね、両親へあいさつをしたのですが、彼は「専門学校を卒業し、就職したら結婚したいと考えています」と頭を下げたので、両親も同棲の許しを与えたという経緯があり、彼は摩耶さんだけでなく、両親のこともだましたことになります。

 実際のところ、同棲先の敷金礼金、家財購入費、引っ越し代など(計50万円)は両親に援助してもらったので、「こんなことになって、両親に会わせる顔がないですよ」と頭を抱えます。

 摩耶さんは、彼が部屋から荷物を引き上げるタイミングを見計らい、彼を捕まえると、怒り心頭という感じで彼を問い詰めたそうです。彼は自分の責任を認めて謝罪し、「バイトを始めるまで待ってくれ。150万円を分割で返すから。毎月3万円でどう? 必ず払うから」と言い出したそうです。彼には貯金はなく、返済方法が一括ではなく分割になるのは仕方がないので、摩耶さんはその場では渋々承諾したのです。

「彼の立場を考えれば少し酷かもしれませんが、私が前を向いて生きていくには、うやむやにするわけにはいかないんです! 彼のためじゃなく私のために!!」

 摩耶さんは苦しい胸の内を回顧してくれましたが、摩耶さんが彼にかけた情けは早々に覆されます。直談判から3日後、彼から信じられないLINEが届いたのです。「法的機関に相談したら、払う必要がないと言われた。払う義務はない。法的根拠を示してください」と。

1 2

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント