オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

夫に離婚を切り出された59歳主婦、離婚せずに夫の死を待つ「打算」(下)

「あえて何もしない」を選択する

 なぜ、離婚と死別で3000万円もの違いが生じるのでしょうか。まず、離婚の場合の年金分割(夫から妻へ月3万円)より、死別の場合の遺族年金(13万円)の方が大きいことが挙げられます。

 次に注意したいのは、離婚の条件はあくまで夫の希望であり、相場ではないことです。夫の希望条件からは、離婚財産分与の対象である夫婦の財産、自社株、自宅マンションや退職金が除外されており、こんな内容で離婚したら啓子さんにとって損です。

 実家の財産は一人息子である夫が相続したのだから、啓子さんが直接的に貢献したわけではありません。しかし、相続財産には「実家の財産」も含まれるのだから、財産面でも離婚より死別の方が有利なのです。

 離婚成立には基本的に、啓子さんの同意が必要です。啓子さんが離婚届にサインをするまで、夫は何度でも「別れてほしい」と言い続けるでしょうが、啓子さんが首を縦に振らない限り離婚することはできません。

「『気持ちの整理がつかない』『経済的に不安だ』『息子が反対している』などと、のらりくらりとかわしておく手もありますが、どうしますか」

 私は啓子さんに尋ねたのですが、啓子さんは金銭的な損得はもちろん、35年の結婚生活に終止符を打つ勇気もないし、齢59歳で今さら「離婚」の2文字を考える気力もなかったので「あえて何もしない」を選んだのです。

 もちろん、35年も連れ添った相手に「死んでほしい」と願うのは罪悪感が伴いますが、夫のわがままをかなえるために不利な条件をのむ義理はないので、啓子さんが自分の選択を恥じることはないのです。

※「上」に戻る

(露木行政書士事務所代表 露木幸彦)

1 2

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント