オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 夫に離婚を切り出された59歳主婦、離婚せずに夫の死を待つ「打算」(上)

夫に離婚を切り出された59歳主婦、離婚せずに夫の死を待つ「打算」(上)

夫から突然離婚を切り出され、離婚届にハンコを押すかどうかで悩んでいる一人の女性。夫の希望条件で離婚した場合と離婚せずに夫が亡くなった場合で、手に入る金額は大きく異なるようです。

夫が突然、離婚を切り出してきて…
夫が突然、離婚を切り出してきて…

 厚生労働省(人口動態統計)によると、離婚した夫婦のうち同居期間35年以上のケースは、昭和50年にわずか300組でしたが、平成27年は6266組に達しているようです。ここに該当するのは、夫が定年退職する前後の夫婦が多いはずですが、40年間で約20倍に膨れ上がっているのだから由々しき事態。しかし、これは氷山の一角に過ぎないでしょう。

 なぜなら、夫が「別れたいんだ」と切り出したところで、妻は「老後の資金」として夫の財布を当てにしているので、首を縦に振らせるのは至難の業。男性の平均余命80.98歳に対し、女性は87.14歳なので、離婚するより死別する方が金銭的に得なら、妻は「夫が死ぬまで」離婚せずに時間を稼ごうと思うはずです。

「離婚したいのにできない夫婦」は上記数字に計上されていないので、離婚の危機に直面している熟年夫婦はもっと多いのですが、今回の相談者・川上啓子(59歳)も夫(64歳)から何の前触れもなく離婚を切り出され、離婚届にハンコを押してよいものか悩んでいる一人です。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
川上豊(64歳)  会社経営者(年収1200万円)
川上啓子(59歳) 専業主婦 ※今回の相談者
川上節子(86歳) 豊の母
川上良二(30歳) 長男(一般企業の会社員で川上建設を継ぐつもりはない)

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント