• HOME
  • マネー
  • 【6月16日のマーケット】日経平均反落で1万5434円、10年物国債の利回り低下などで

【6月16日のマーケット】日経平均反落で1万5434円、10年物国債の利回り低下などで

東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比485円44銭安の1万5434円14銭で取引を終了。


円高や10年物国債の利回り低下などが悪材料になった

 6月16日の東京株式市場で、日経平均株価は2日ぶりに反落。前日比485円44銭安の1万5434円14銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、この日は午前から、軟調な展開となり、前引けは前日終値比174円安の1万5744円。外国為替市場での円高・ドル安進行や、長期金利の指標である新発10年物国債の利回り低下が悪材料になったといいます。

 その後、日銀が金融政策の現状維持を決定したことで円が独歩高に。円高・ドル安が加速し、ドル/円は一時1ドル=104円近辺まで下落。円高進行を受けて、日経平均の下げ幅は一時500円を超えたそうです。

 東証1部の全33業種が下落。個別銘柄では、日本製鋼所、りそなホールディングスが買われ、日東電工、横浜ゴムは売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比35.55ポイント安の1241.56。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=104円10銭台で推移しています。

1 2
八代和也先生(FX)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部アナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。