オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

年上男性との不倫にハマる、5人の20代女性のホンネ(下)

不倫の「負の部分」がクローズアップされているにもかかわらず、不倫にハマる若い女性たち。そうした女性の生の声を紹介し、不倫する理由に迫ります。

不倫にハマる若い女性が後を絶たない
不倫にハマる若い女性が後を絶たない

「上」では、5人の不倫体験談を紹介しましたが、この手の女性はなぜ、わざわざ危険な橋を渡ろうとするのでしょうか。そのヒントを探るために、不倫の値段(=不倫の快感をお金で評価)に関するアンケートを行いました。対象は、不倫経験者226人(男性46人、女性180人)です。

男性1182万円、女性5339万円

1.不倫をお金に換算すると、どれくらいの価値がありますか。

平均値  4493万円
男性平均 1182万円
女性平均 5339万円

2.その理由を教えてください(複数選択可)。

<男性>

恋愛的メリット 6人(13.0%)
肉体的メリット 7人(15.2%)
精神的メリット 11人(23.9%)
金銭的メリット 0人(0.0%)
逃避的メリット 3人(6.5%)
その他     2人(4.3%)
無回答、金銭に換算できない 17人(36.9%)

<女性>

恋愛的メリット 20人(11.1%)
肉体的メリット 13人(7.2%)
精神的メリット 23人(12.7%)
金銭的メリット 16人(8.8%)
逃避的メリット 8人(4.4%)
その他     32人(17.7%)
無回答、金銭に換算できない 68人(37.7%)

3.その理由を教えてください(自由回答)。

・恋愛的メリット
→一時的な快楽、ときめき、ドキドキ、刺激的スリル、高揚感、擬似恋愛、障害のある恋に酔う

・肉体的メリット
→性欲の発散、風俗に行かずに済む、性的興奮、体の相性、雄雌としての自信

・精神的メリット
→心の癒し、若返る、仕事を頑張れる、心が豊かになる、人生が充実する、心の空白を埋める

・金銭的メリット
→プレゼント、デート代、ホテル、飲食代、旅費、生活費

・逃避的メリット
→配偶者から解放される、家庭内ストレスの発散、束縛されない、義務感がない

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント