• HOME
  • マネー
  • 【4月19日のマーケット】日経平均大幅反発で1万6874円、ドル/円は一時109円台回復

【4月19日のマーケット】日経平均大幅反発で1万6874円、ドル/円は一時109円台回復

日経平均が大幅反発し1万6874円に上昇、ドル/円は一時109円台を回復しました。

日経平均は大幅反発し1万6874円で取引を終えた

 4月19日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅に反発。前日比598円49銭高の1万6874円44銭で取引を終えました。上昇率3.7%は3月2日以来の大きさです。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、昨夜の米国市場でWTI原油先物が下げ止まったこと、また、ダウ工業株30種平均が1万8000ドル台を回復したことから、投資家のリスク回避姿勢が後退したといいます。

 この日の東京外国為替市場で、ドル/円が109円台を回復したことも追い風となり、日経平均は一時1万6900円台に乗せる場面も。日経平均採用銘柄はほぼ全面高の展開となり、銀行・保険などの金融や、輸送機器・電機などの輸出関連株が軒並み上昇しました。

 日経平均反発を受けて、ドル/円は一時1ドル=109円19銭まで伸びています。

1 2

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部アナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。