• HOME
  • マネー
  • 【4月12日のマーケット】日経平均反発し1万5900円台回復、ドルは108円台で推移

【4月12日のマーケット】日経平均反発し1万5900円台回復、ドルは108円台で推移

4月12日の東京外国為替市場ではドル/円が一時1ドル=108円32銭に上昇、日経平均株価は前日比177円66銭高の1万5928円79銭でした。

日経平均は前日比177円66銭高の1万5928円79銭で取引を終了

 4月12日の東京外国為替市場では、円が軟調に推移し、ドル/円は一時1ドル=108円32銭に上昇しました。日経平均株価の上昇を背景に投資家のリスク回避姿勢が後退し、円売りが進んだことが要因です。

 この日は、麻生太郎財務相が閣議後の記者会見で、為替市場について「一方的に偏った投機的な動きが見られれば、場合によっては必要な措置を取る」と述べ、円高を改めてけん制。ただし、マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストは「為替市場に大きな反応は見られませんでした」としています。

 日経平均終値は、前日比177円66銭高の1万5928円79銭。対ドルでの円高の一服を受けて輸出関連株が上昇し、上げ幅が211円に達する場面もありました。また、日銀が11日、当座預金残高におけるゼロ金利適用部分の比率見直しを発表し、「マイナス金利適用部分が少なくなる」との思惑が生じたことで、銀行株も堅調に推移しました。

1 2

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部アナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。