オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【4月12日のマーケット】日経平均反発し1万5900円台回復、ドルは108円台で推移

円高けん制発言は「効果ない」、ドル/円再び下落も

 麻生財務相ら政府当局者から円高をけん制する発言が出ていることについて、八代さんは「ほとんど効果がない状態」と指摘。2月に開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、通貨安競争を避けることが改めて確認され、5月には主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開催されることから、「市場では日本当局が円売りの為替介入を実施するのは難しいとの見方が根強く、それがドル/円下落の一因になっている」といいます。

 八代さんは「為替介入が難しいとの見方がある以上、ドル/円には再び下落圧力が加わる可能性があります」と分析しています。

(オトナンサー編集部)

1 2

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。

コメント