• HOME
  • マネー
  • ロシアゲートでコミー氏証言、問われるのはトランプ大統領の「資質」か

ロシアゲートでコミー氏証言、問われるのはトランプ大統領の「資質」か

米政権とロシアの関係を巡る疑惑「ロシアゲート」で、世界中が注目したコミー前FBI長官の議会証言が終わりました。新たな事実が出たわけではなく、トランプ米大統領は「正しさが裏付けられた」と胸を張りますが、それで済む話ではないようです。

問われているのはトランプ大統領の資質?

 世界中から注目されたコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の議会証言が6月8日に行われました。前日に公表された証言テキストでは、トランプ大統領とコミー氏の会話が、直接引用も含めて臨場感をもって再現されており、大変興味深いものでした。

 証言テキストの中で、トランプ大統領がコミー氏に対して、FBI長官の地位と引き換えに「忠誠」を求めたことや、フリン前大統領補佐官を「これ以上追及しない(let this go)」よう望むと伝えたこと、自身が捜査対象でないことを公表するよう求めたことなどが明らかにされました。

大統領の「正しさ」が裏付けられた?

 フリン氏の件について、コミー氏は大統領との会見直後のメモで、「ロシア大使との会話についてフリン氏がうその声明を発表したことに関連して、同氏の捜査を全て打ち切るよう大統領が要請していると理解した」と述懐しています。

 もっとも、これまでに報道されてきたこと以外の新しい事実はほとんどありませんでした。また、証言はあくまでもコミー氏の記憶に基づくものであり、その内容の客観性が担保されているわけではありません。

 証言テキストを受けて、トランプ大統領は、本件のために選任した顧問弁護士を通じて「自分の正しさが裏付けられたと感じる」とのコメントを発信しました。大統領の「正しさ」が何を意味するかは不明ですが、仮に自身が「捜査対象でないと公言してきたこと」を意味するのであれば、あまりに近視眼的だと言わざるをえません。

「捜査に圧力をかけなかった」との発言が「正しい」と言いたいのであれば、それは大いなる勘違いでしょう。国の最高権力者が、地位と引き換えに忠誠を求め、追及しないよう望んだのであれば、直接の命令でなくても、それは聞いた側の「忖度(そんたく)」の範ちゅうを超えて、大統領が圧力をかけたことにならないでしょうか。

1 2

西田明弘(にしだ・あきひろ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフエコノミスト

1984年日興リサーチセンター入社。米ブルッキングス研究所客員研究員などを経て、三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社。チーフエコノミスト、シニア債券ストラテジストとして高い評価を得る。2012年9月マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。現在、M2Jのウェブサイトで「市場調査部レポート」「市場調査部エクスプレス」「今月の特集」など多数のレポートを配信するほか、テレビ・雑誌などさまざまなメディアに出演し活躍中。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。