オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

トランプ大統領弾劾へ? クリントン氏のケースを振り返る

トランプ大統領の場合は「政治の本質」

 クリントン氏の弾劾のケースでは、疑惑の浮上から弾劾裁判の決定まで1年以上かかり、そこから決着まで、さらに2カ月近くかかった計算です。弾劾プロセスとは、これほどの時間を要するものなのかもしれません。

 ところで、トランプ大統領が弾劾されると仮定すれば、そこでは「司法妨害」「権力濫用」、今後の展開次第では「偽証」などが問われることになるでしょう。それらはクリントン氏のケースと類似するものです(同氏も「権力濫用」を指摘されたが、下院本会議での弾劾決定時に不採用となった)。

 もっとも、両者の「事件」の本質は大きく異なります。クリントン氏のケースは、研修生との「不適切な関係」という個人の倫理に関するものであり、大統領の職務遂行に影響があったという証拠はありません。一方で、トランプ大統領が問われるとすれば、それは政治(選挙制度)あるいは外交の本質に関わるものとなるはずであり、極めて深刻な事態と言わざるを得ません。

 もう一つの違いは国民の支持です。弾劾裁判の決定後も、クリントン氏は7割前後の支持率を維持しており、辞職を求める声は3割程度だったそうです。上院での弾劾裁判は、一部の下院議員が検察役、全上院議員が陪審員となって進められます。そこでは、厳密に法を犯したかどうかではなく、極めて政治的な判断が求められるようです。その点がトランプ大統領にとってプラスになる、ということは考えにくいのかもしれません。

(株式会社マネースクウェア・ジャパン チーフエコノミスト 西田明弘)

1 2

西田明弘(にしだ・あきひろ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフエコノミスト

1984年日興リサーチセンター入社。米ブルッキングス研究所客員研究員などを経て、三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社。チーフエコノミスト、シニア債券ストラテジストとして高い評価を得る。2012年9月マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。現在、M2Jのウェブサイトで「市場調査部レポート」「市場調査部エクスプレス」「今月の特集」など多数のレポートを配信するほか、テレビ・雑誌などさまざまなメディアに出演し活躍中。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。

コメント