オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

じわじわ忍び寄る「熟年離婚」 突然切り出されたら、さあどうする!?

転勤族の夫との、29年間にわたる結婚生活に終止符を打った女性のケースから、「熟年離婚」について考えます。

「熟年離婚」は誰にでも起こる危機?
「熟年離婚」は誰にでも起こる危機?

 先日、NHKラジオで「中年の再婚」という特集が組まれ、高橋ジョージさんと一緒に「再婚」についてトークをしました。中年って何歳から何歳なんだと改めて考えましたが、想像できず…NHK放送文化研究所では「40.0歳から55.6歳」と解説していました。

 私は「中年」という言葉より、「熟年」という言葉を好んで使います。「成熟した大人」というすてきなイメージがあるからです。50代で離婚したお二人を「中年離婚カップル」とするより「熟年離婚カップル」と示す方が、「よくよく考えてきれいに離婚されたに違いない」と感じるのです。

 ちなみに、一般的には、結婚して20年以上たった夫婦が離婚することを「熟年離婚」といいます。

転勤族の夫に離婚を突き付けられ…

 さて、私はポジティブな「熟年再婚」を勧めていますが、再婚は“離婚ありき”です。熟年離婚したことで、結婚しているときより不幸になっては元も子もありません。「経済的に困窮する」「病気になって看病する人が誰もいない」など、ネガティブな話ももちろんあります。

 熟年離婚して、完璧に幸せと言い切る女性。精神的には安定して満足だけど、生活の質が下がったと嘆く女性。精神的に幸せだから、節約生活も気にならないという女性――。熟年離婚後の「気持ち」と「生活状態」が、てんびんにかけられることが多いのですが、捉え方は人それぞれです。財産分与で老後も心配ないほどの資産をもらったものの、子どもと相続でもめ始めたという人もいます。

 実際の熟年離婚事例を見てみましょう。

 典子さん(仮名、57歳時に離婚)は、転勤族の夫・佳孝さん(仮名)との29年間の結婚生活に見切りをつけました。夫は1歳年上で、電気関係の会社勤務です。2人は20代の頃、東北地方の支社で知り合って職場結婚。子どもができるまでは、夫の転勤地について行っていました。

 子どもが生まれてからは、典子さんの実家近くの東京郊外に家を買い、佳孝さんが単身赴任をすることに。子育ては実家の母の応援の下、典子さんが1人で担います。夫は役職が上がったり、海外出張もあったりして生き生きと社会に出ているのに、自分は進歩なく、このまま年を取っていくのかと、漠然と不安を感じるものの夫に言えずに過ごしました。

 典子さんは20年間、子どもの教育に注力します。子どもは偏差値が高い高校と有名私大を卒業し、大手代理店に入社。子どもの手が離れてからはパートの仕事を始めたり、陶芸を習ったりと、やっと「自分」を意識した生活を始めましたが、そこで佳孝さんから離婚を突き付けられます。

 理由は「たまに家に帰ってもうれしそうな顔もせず、事務的な会話しかない」「子どもに自分の価値観を押し付け、勉強を無理にやらせた。教育に対する考えを言っても聞く耳を持たなかった」。極め付きの言葉は「能面を着けているような冷酷な妻のために、給料を運ぶだけの存在になりたくない」でした。

 もちろん、典子さんはすぐには離婚に応じません。探偵をつけて探ると、佳孝さんが、同世代の女性と付き合っていることが分かりました。典子さんは、離婚すると生活に困窮すると思っていたので、責めることなくそのまま約2年放置することに。

1 2

三松真由美(みまつ・まゆみ)

恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長)・執筆家

夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティーを展開。セックスレス・ED・女性の性機能に詳しく、性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。20代若者サークルも運営し、未婚世代への結婚アドバイスも好評を呼ぶ。恋愛・夫婦仲コメンテーターとしても活躍中。著書は「夫婦の『幸せ循環』を呼ぶ秘訣」(講談社)「モンスターワイフ」(同)「40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣」(扶桑社)「堂々再婚」(wave出版)など多数。コミック「『君とはもうできない』と言われまして」(KADOKAWA)の監修も手掛ける。恋人・夫婦仲相談所(http://fufunaka.com/)、公式LINEアカウント(https://lin.ee/oTQa13s)、YouTubeチャンネル「保健室の未遊先生」監修(https://www.youtube.com/channel/UC5g3tx7uJqSTszEHTwWYCIA?sub_confirmation=1)。

コメント