オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 野菜ジュースは体にいいのか その「真の力」を取材してみた!

野菜ジュースは体にいいのか その「真の力」を取材してみた!

足りない栄養を手軽に補充でき、独身者などにとっては貴重な野菜ジュースですが、その真の栄養価や効果はどのようなものでしょうか。また、飲むタイミングや回数にはコツのようなものがあるのでしょうか。専門家に取材しました。

すっかり生活必需品になった感のある野菜ジュース

 一人暮らしの人や独身者にはありがたい「野菜ジュース」。コンビニエンスストアなどの陳列棚に行くと、フルーツと合わせて飲みやすさにこだわったものや、素材を生かしたスムージーまで、さまざまな種類があって迷ってしまうほどです。

 しかし、この野菜ジュース。生野菜と比べた栄養価や飲むメリットなど、その“実際のところ”はどうなのでしょうか。オトナンサー編集部では今回、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに話を聞きました。

「熱に強い」栄養素は野菜ジュースに軍配

 関口さんによると、野菜ジュースは生野菜だけでは摂りにくい栄養素が凝縮していたり、吸収がよかったりと数多くのメリットがあります。

 生野菜は、栄養素が固い細胞壁に囲まれているため、咀嚼して消化吸収できる分にロスが生じてしまいます。一方、野菜ジュースは加熱して粉砕、さらには濃縮するため、熱に強い栄養素に関しては格段に多く摂取することができます。たとえばβカロテンや、リコピンなどのポリフェノール、ミネラルがこれに該当します。

 生野菜の長所としては、酵素や熱に弱いビタミン(ビタミンCやB群)などのデリケートな栄養素をそのまま摂取できる点が挙げられます。つまり野菜ジュースと生野菜はお互いに補い合う関係と言えるでしょう。

「忙しい人が野菜ジュースを飲むことは大賛成ですが、それで全ての栄養素を摂取できるわけではありません。逆に生野菜も食べられる量が限られているため、加熱調理した野菜や野菜ジュースで補うことも重要です。忙しくて自炊できなくても、メニューを工夫したり、ジュースを意識的に活用したりして賢く栄養を摂取しましょう」(関口さん)。

1 2

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。