• HOME
  • マネー
  • 【1月17日のマーケット】日経平均続落1万8813円53銭、ドル安・円高が圧力に

【1月17日のマーケット】日経平均続落1万8813円53銭、ドル安・円高が圧力に

1月17日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比281円71銭安の1万8813円53銭で取引を終えました。

ドル安・円高に振れたことが下落圧力に

 1月17日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比281円71銭安の1万8813円53銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、外国為替市場でドル/円が一時1ドル=113円台後半と、ややドル安・円高に振れたことが下落圧力に。ドル/円が反発し下げ幅を縮小する場面もありましたが、午後に再び拡大しました。

 東証1部全33業種が下落。個別銘柄では、トクヤマ、古河電気工業が買われ、大和ハウス工業、楽天は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比21.54ポイント安の1509.10。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=113円40銭台で推移しています。

(オトナンサー編集部)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。