オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

食べられないのに…わが子への過剰な「完食指導」が発覚、保護者はどう対応すべきか

学校給食を残さず食べるように、強引に指導する過剰な「完食指導」。わが子が受けていると知ったら、保護者はどのように対応すべきなのでしょうか。

わが子が過剰な完食指導を受けていたら…
わが子が過剰な完食指導を受けていたら…

 学校給食を残さず食べるように、強引に指導する過剰な「完食指導」により、子どもたちが体調を崩したり不登校になったりするなど、さまざまなトラブルが増えていることを前回(5月5日)の記事でお伝えしました。給食の残飯を減らすために工夫をするのはよいことですが、子どもたちの心が壊れては元も子もありません。今回は、自分の子どもに行き過ぎた完食指導が行われている場合、保護者がどう対応すればよいのか解説します。

子どもが声を上げるのは難しい

 筆者のところには毎日、保護者などから「過剰な完食指導にどのように対応すればよいのか」など、過剰な完食指導も含めた給食全般に関する相談が寄せられます。2017年12月ごろから相談を受けていますが、1日10件近く届くこともあります。2018年6月からは前年同月比でほぼ倍増しています。

 相談の内容はさまざまです。中には、常識的に理解し難い内容もあります。例えば、小学校低学年のお子さんが担任の先生から、「最初から給食の量を減らして食べても、それは完食とはいえないから減らすな。そして残すな」と言われ、給食を食べることを強要されているという相談がありました。一時、お子さんが不登校になるほどだったそうです。

 このケースの場合は、お子さんがお母さんに相談したことで事実が分かりました。しかし、子どもたちにとって、過剰な完食指導で苦労していることを親に相談するのは、いじめと同じく相談しづらいのかもしれません。「親を心配させたくない」「親に言っても理解してくれないだろう」という気持ちから、子どもが直接、筆者に相談してくることもあります。

 子どもたちが声を上げづらいことも影響しているのか、保護者同士の雑談など、コミュニティーの中から過剰な完食指導を知るというケースや、担任の先生から、「お子さん、給食を全然食べないんですけどどうなっているんですか」と直接言われ、問題が判明するケースもあります。

 では、過剰な完食指導が行われていることが分かり、お子さんが給食に苦労していると保護者が知った場合、学校側にどのようにアプローチすれば過剰な完食指導をやめさせられるのでしょうか。

1 2

山口健太(やまぐち・けんた)

一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会代表理事

盛岡市出身。2017年5月、一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会(アドバイザー・田島治・杏林大学名誉教授)を設立し、代表理事を務める。薬を使わずに「会食恐怖症」を克服した自身の経験を生かし、会食恐怖症に悩む人へのカウンセリングを行っている。相談実績は年間延べ1000件超。学校や保育所への給食指導コンサルティング活動、食べない子に悩む保護者の食育相談や、それをテーマにした講演・研修も行う。著書に「会食恐怖症を卒業するために私たちがやってきたこと」(内外出版社)など。

コメント

1件のコメント

  1. 何をどれだけ食べるかは個人の勝手。それぞれ事情が違う子供に同じだけ食べさせるなどという発想がそもそも間違い。もう、学校給食など辞めたら?弊害ばかりが大きいよ。
    オレはガキの頃、食が細く、五時間目始まってもまだ食べてたという事もあり、全員が同じだけ食べなければいけないなどという給食指導には絶対反対の立場である。