オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

小室圭さんで話題の米ロースクール、「試験」の過酷さは並大抵ではない?

試験期間中の過ごし方

 最後に、試験期間中の過ごし方について伺います。

「試験期間中は、プレッシャーと戦いながらひたすら勉強です。多くのロースクール生は、朝から夜遅くまで図書館にこもります。学校によっては、試験前数週間は24時間図書館を開けることがあるほど。私が通っていたロースクールでも、真夜中まで図書館が開いていましたので、廊下で会う友達と励まし合いながら勉強していました」

「学生の中には、自主的にグループを作り、分からないところや重要な箇所を議論して、教え合いながら試験対策をする人もいました。法律は論理的思考が試されますから、人に教えるというアウトプットは、とても有効な勉強方法なのです」

(コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員 尾藤克之)

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員 尾藤克之

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント