• HOME
  • マネー
  • 【マーケット展望】OPEC減産合意は「極めて困難」、ドル安・円高のリスク回避フローも

【マーケット展望】OPEC減産合意は「極めて困難」、ドル安・円高のリスク回避フローも

11月29日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比49円85銭安の1万8307円04銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

この日の日経平均は続落し1万8307円04銭で取引を終えた

 11月29日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比49円85銭安の1万8307円04銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの津田隆光チーフアナリストは、あす30日の石油輸出国機構(OPEC)総会に注目。会合はウイーンの現地時間30日午前10時(日本時間午後6時)にスタートする予定です。

 津田さんは「トランプ次期米大統領が米シェール業界保護の観点に立っている以上、これに対抗せざるをえないOPEC諸国が減産合意する流れは極めて困難になっているのでは」と話します。

 OPEC総会で減産合意がなされない場合、一時的に株安・原油安・ドル安・円高の「リスク回避フロー」が進展する可能性も。ドル/円相場はテクニカル的に「反落」のシグナルも出ており、OPEC総会がその“トリガー”になる可能性もあるようです。

(オトナンサー編集部)

津田隆光(つだ・たかみつ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフアナリスト

日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。主に国際商品市況のマーケット業務に従事し、2008年1月にマネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。シニアテクニカルアナリストとして、独自のアレンジを取り入れた各種テクニカル分析レポートを執筆するほか、セミナー講師やラジオ番組コメンテーターなどを務める。2016年4月にM2J市場調査部チーフアナリスト就任。