• HOME
  • マネー
  • <プロはこう見る>個人型確定拠出年金の運用は3パターン? 「節税」から「海外積極投資」まで

<プロはこう見る>個人型確定拠出年金の運用は3パターン? 「節税」から「海外積極投資」まで

2017年1月から現役世代のほぼ全員が利用できるようになる個人型確定拠出年金(個人型DC)。今回は実際に個人型DCを始める人に向けて、運用の典型的な3パターンを紹介します。

個人型DCの運用で典型的な3パターンとは…

 2017年1月から主婦や公務員、勤務先に企業年金がある会社員の計約2600万人が新たに加入対象になり、現役世代のほぼ全員が利用できるようになる個人型確定拠出年金(個人型DC)。

 前回まではその実務上の注意点や運用方針について、あおばコンサルティング代表でファイナンシャルプランナー(FP)の加藤圭祐さんに話を聞いてきました。

 今回は実際に個人型DCの運用を始める人が知っておきたい、運用の“タイプ”について取り上げます。

運用のタイプは大きく3つに分けられる

 加藤さんによると、個人型DCの運用のタイプは大きく3つに分けられるそう。あなたはどれに当てはまるでしょうか。

 1つ目は「還付金運用型」。これは「運用で損したくない(リスクを避けたい)、税金の控除だけ受けられればよい」という運用方針です。

 投資先としては「定期預金」「国内債券(インデックス、アクティブ)」が挙げられます。個人型DCを利用した節税についてはこれまでも記事で紹介してきましたが、この運用タイプは「それ以上のリターンは必要ない」という人に向いています。

 2つ目は「日本経済信用型」。そのポリシーは「日本経済は今後も緩やかに成長する」というものです。

 投資先には「国内株式(インデックス)」「国内不動産投資信託(REIT)」が挙げられるそう。加藤さんは「国内への投資なので為替リスクを背負わずに経済成長の恩恵を受けられるため、手堅い運用方針と言えるでしょう」と話します。

1 2

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。