オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

妻「元カノと比べないで」→夫「言われないように気を付けな」 なぜ男性は妻に“元カノ”の話をするのか

あなたは、パートナーに「元恋人」の話をされたことがありますか。何かにつけて妻に「元カノ」の話をする夫の心理を、実際のエピソードから探ります。

“元カノ”の話をする男性…なぜ?
“元カノ”の話をする男性…なぜ?

 夫婦になってからも元カレ、元カノの話をする人が一定数います。どちらかというと男性に多いイメージです。女性はそっと心に秘めておくか、女性同士の会話にとどめています。夫に嫉妬心を抱かせたくて元カレ話をする妻もいますが、何度も言われたら嫉妬どころか「めんどくさ」という気持ちになってくるので要注意です。

 今回は、なぜ男性はパートナーに元カノの話をするのか、一体どんな心理が働いているのか、「恋人・夫婦仲相談所」所長である筆者と一緒に考えてみましょう。

元カノの悪口を言うことで、間接的に妻を言い含めたい夫

 宗助さん(33歳、仮名)は、何かというと妻の佳代さん(34歳、同)に元カノの話をするといいます。

「私が、夫が喜ぶことをしてあげたときに『うれしいよー。◯◯(元カノ)は絶対そういうことしてくれなかったもんなー』って言うんです。そういう比較発言をすることで私が喜ぶと思っているんですよね。歴代の彼女の中で私が一番だってことをアピールしているつもりなんだと思います。全然うれしくないんですけど」

 冴香さん(39歳、仮名)の夫、孝之さん(40歳、同)は、自分が元カノからされた「腹の立った出来事」を、冴香さんに延々と話します。

「『◯◯(元カノ)とこの店に来たとき、“こんなことで並ぶなんて信じられない”とか言ってめちゃくちゃ不機嫌になってさ。せっかくの料理が全くおいしくなかった』とか言うんですけど、そんなこと言われたら『並ぶの嫌だな、別の店に行きたいな』と思っても言えなくなっちゃうじゃないですか。私に対して“◯◯してほしくない”っていうことへのけん制で元カノの話をするんです。ズルい伝え方ですよね」

 この2つのパターンは、どちらも妻に対して「こうあってほしい」という願望を伝えるために、元カノを引き合いに出しています。妻を直接サゲる言い方ではないですが、言われた方は不愉快です。

 元カノの名前を出すことで、女性がその当時のことをどれだけ想像できるのかを分かっていない男性です。「どうせご飯の後、あんなことやこんなことして遊んだんでしょ」という妄想気分になっても仕方ないですね。

 そうかと思えば、あからさまに妻を元カノと比較するモラハラ夫もいます。

1 2 3

三松真由美(みまつ・まゆみ)

恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長)・執筆家

夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティーを展開。セックスレス・ED・女性の性機能に詳しく、性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。20代若者サークルも運営し、未婚世代への結婚アドバイスも好評を呼ぶ。恋愛・夫婦仲コメンテーターとしても活躍中。また、フェムテックの分野で女性を支援する企業「Glad」を創業し、新しいサービスを手掛けている。著書は「夫婦の『幸せ循環』を呼ぶ秘訣」(講談社)「モンスターワイフ」(同)「40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣」(扶桑社)「堂々再婚」(wave出版)など多数。コミック「『君とはもうできない』と言われまして」(KADOKAWA)の監修も手掛ける。恋人・夫婦仲相談所(http://fufunaka.com/)、公式note(https://note.com/suzune_16)、Glad(https://www.glad.tech)。LINE登録で「夫婦仲チェックシート」を無料プレゼント(https://fufunaka.com/archives/lp/line)。

コメント