オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • IT
  • スマホルール作ったつもりが…子どもは「ない」 親子で認識を共有するには?

スマホルール作ったつもりが…子どもは「ない」 親子で認識を共有するには?

子どもにスマホを持たせている家庭の“利用ルール”ですが、親は「ある」と考えているのに、子どもはそうは考えていない。そんな実態がとある調査から浮かび上がりました。今回は、親子でスマホ利用を巡る認識を共有し、子どもをトラブルなどから守るための心構えについて、専門家と一緒に考えます。

SNSなどを通じて子どもが犯罪に巻き込まれるケースが最近増えている

 子どもは、親が作ったスマホのルールをルールとして認識していないかもしれない――。日本PTA全国協議会がこのほど、実施した調査で、子どもにスマホを持たせている家庭のこのような実態が浮かび上がりました。

 この調査は、小学5年生と中学2年生、また、その保護者を対象に行われたもの。SNSを含む、スマホでのインターネット利用にルールを設けているかを保護者に聞いたところ、「ある」が小5の保護者で51.3%、中2の保護者で59.8%だったのに対し、SNS利用に関してルールがあるかを子どもたちに聞くと、「ある」が小5で26.1%、中2で23.6%という結果でした。

 また、内閣府が実施した「平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査」でも、「子どものインターネットの使い方についてルールを決めている」保護者が81%だったのに対し、「家にインターネットの使い方についてルールがある」と答えた子どもは60.8%と、やはり数字に開きがありました。

 子どもがSNSなどを通じて、犯罪やトラブルに巻き込まれるケースが後を絶たない昨今。子どものスマホやネット利用に大きな関心を持つ家庭も多いと思われますが、親子でしっかり認識を共有したり、ルールを徹底したりするには、どのようなことが必要でしょうか。

 オトナンサー編集部では、家族や教育、子どものネット依存の問題などに詳しい、作家でジャーナリストの石川結貴さんに話を聞きました。

1 2 3

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。