オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「ガミガミ子育て」 子どもに与える3つの“悪影響”

「比べる病」からの卒業を

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

「いい子に育てたい」という思いが強いあまり、周りの子どもや兄弟姉妹とつい比べてしまうのは、親のさがかもしれません。“比べる病”に侵されると、「あれもできない、これも不足だ」と、どうしてもガミガミと叱る回数が多くなってしまいます。

「多様性を認めましょう」「個性を大事にしましょう」といわれつつも、実際には体重や身長にはじまり、小学校に入学すればクラスの平均点と比べてどうか、そして大人になってからも平均年収、平均寿命…と、親自身も周囲や“平均”と比べられながら生きてきたので、ある意味、仕方のないことなのかもしれません。

 しかし、よその子と比べても、わが子の成長は見えてきません。他人の子どもの物差しは捨てて、わが子の「過去」と「今」を比べてみましょう。

 例えば、「以前は弟に一切おもちゃを触らせなかったが、今は少しだけなら貸してあげることができるようになった」「落ち着きがなく、半年前は病院の待合室でじっと座っていることができなかったけれど、今は、5分くらい座っていられるようになった」「偏食だったが、今は種類こそ少ないものの、いろんなものを食べられるようになった」などです。そして、それを心の中で思うだけではなく、実際に口に出し、「認める言葉」としてわが子に伝えてあげましょう。

 子どもはこの世に生を受けて、まだたったの数年です。親にとってはなかなか難しいことかもしれませんが、わが子への要求が過度にならないようにしたいものですね。

(子育て本著者・講演家 立石美津子)

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。自閉症スペクトラム支援士。著書は「1人でできる子が育つ『テキトー母さん』のすすめ」(日本実業出版社)、「はずれ先生にあたったとき読む本」(青春出版社)、「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」(すばる舎)、「動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな」(小学館)など多数。日本医学ジャーナリスト協会賞(2019年度)で大賞を受賞したノンフィクション作品「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(中央公論新社、小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)、YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/@tekitoukasan/featured)。

コメント