オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マネー
  • 【5月12日のマーケット】日経平均4日続伸で1万6646円、円安で輸出関連株買い戻し

【5月12日のマーケット】日経平均4日続伸で1万6646円、円安で輸出関連株買い戻し

5月12日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日続伸、前日比67円33銭高の1万6646円34銭で取引を終えました。

円安・ドル高が進行し輸出関連株などが買い戻された

 5月12日の東京株式市場で、日経平均株価は4営業日続伸。前日比67円33銭高の1万6646円34銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、日経平均はきのう11日の米国株下落や、大幅な減益見通しとなったトヨタ自動車の2017年3月期決算を嫌気し売りが先行。午前中は、下げ幅が前日比200円を超える場面もありました。

 しかし、東京外国為替市場で円安・ドル高が進行し、輸出関連株を中心に買い戻されたことで反発。結局、前日比プラス圏で取引を終えました。

 業種別では、鉄鋼や繊維のほか、円安を追い風に機械や電気など23業種が上昇。一方、ゴム製品や医薬品、不動産など10業種は下落したとのことです。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比2.97ポイント高の1337.27ポイント。

トヨタ決算は「反応一時的」、関心は伊勢志摩サミットへ

 八代さんは「トヨタ決算の日本株に対する影響が注目されましたが、反応は一時的でした」と指摘。市場の関心は、今月26~27日に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に移っていくことが予想され、「政府による景気刺激策への期待が、日本株を下支えしそう」といいます。

 八代さんは「日経平均は1万6000円前後で反発する展開が約1カ月。1万6000円を下値のメドとして、今後も底堅い展開が予想されます」と分析しています。

(オトナンサー編集部)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。