オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

不倫、育児放棄、浪費…虐げられた優男が悪妻との「草食系離婚」を成功させる方法(上)

不適格な「不倫女」と縁を切ろう

A-3.【離婚実行】妻として不適格な「不倫女」と縁を切ろう!

A-3-1.裁判所の公式見解

不貞は法律上の「婚姻を継続したがい事由」に該当するので、夫が裁判を起こせば、妻が反対していても裁判官が離婚を認める可能性があるため、離婚するかどうかはもちろん、「協議離婚か裁判離婚か」の選択権も夫が持っていることを声高に伝えましょう。

戸籍に「裁判離婚した」と書かれれば、将来的に、再婚やパスポートの更新、相続などの場面で戸籍謄本を閲覧した時、妻はもちろん、妻の親戚や友人など周囲の人間に「もめにもめた」という印象を与え、妻の評価が下がることは想像に難くありません。

このように、協議離婚よりも裁判離婚の方が妻の評価が下がるのですが、遅かれ早かれ、離婚という結論が変わらない以上、長引かせて傷つけ合うことはお互いのためにならないと強調することが大事です。

A-3-2.慰謝料放棄の代償

安定した収入と一定の財産を持ち合わせていない妻は、常に「慰謝料を請求されたらどうしよう」とビクビクしているので、慰謝料を払えそうもないから不問に付すわけではなく「離婚に応じれば慰謝料は請求しない」「離婚に応じなければ慰謝料を請求する」という二択を提示すれば、前者を選ぶ可能性が高いです。

A-3-3.守秘義務との引き換え

今まで集めてきた証拠は妻に不倫を白状させたい場面はもちろん、妻に離婚を同意させたい場合でも有利な材料になりえます。夫の手元にある写真や日記、手紙、録音はもちろん、メールやLINE、メッセンジャーの中には、例えば、デートの約束や甘い言葉の交換、口説き文句が含まれており、妻を赤面させるには十分恥ずかしい内容です。これらの証拠を破棄することと引き換えに「離婚に同意するよう」求めれば、妻が「離婚したくないから証拠はそのままでいい」と口が裂けても言うことはできません。

A-3-4.子どもへの被害

離婚は子どものことを最優先に考えた結果だということを強調するのが大事です。不倫の加害者(妻)と被害者(夫)が一つ屋根の下で暮らしているせいで、不倫に伴う夫婦げんかが再発することを常に心配しながら、子どもが日々、生活せざるをえないのは最低最悪の家庭環境なので、できるだけ早く助け出さなければならないと訴えかけましょう。

A-3-5.予見能力の欠如

妻は、誰にどのような迷惑がかかるのか、どのくらいの損害を与えるのか、そして人生を狂わせるのかを前もって予見できないので、「不倫は何度でも繰り返される=離婚しかない」という方向へ持っていくのが効果的です。

A-3-6.不倫の原状回復は不可能

妻が「全部、私が悪い。自分がしたことに対しては責任を取る」と涙ながらに訴えてきても、夫子に迷惑をかけ、苦痛を与え、人生を狂わせているので「原状回復(不倫をする前に戻す)は不可能」と言い切り、責任の取りようがないことを示し、妻を絶望の淵にたたき落とすのが先決です。

(※「下」に続く) 

(露木行政書士事務所代表 露木幸彦)

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

行政書士(露木行政書士事務所代表)

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

注)離婚手続きに関して、個別事情を踏まえた離婚手続きや離婚条件に関する法的観点からの助言が必要な場合は弁護士に依頼してください。

各都道府県の弁護士会
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/bar_association/whole_country.html

法テラス
https://www.houterasu.or.jp/

コメント