オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 1000人で収入122億円…おカネで見る、日本相撲協会が“変われない”ワケ

1000人で収入122億円…おカネで見る、日本相撲協会が“変われない”ワケ

元横綱・日馬富士の暴行問題に始まった日本相撲協会の騒動は、貴乃花親方と協会の対立に発展、いまだ収まる気配がありません。これはいわば「組織」の問題ですが、この組織をおカネの面から見ると、どんな姿が浮かび上がるでしょうか。

日本相撲協会をおカネの面から見ると…(写真はイメージ)

 後輩力士への暴行により、引退に追い込まれた元横綱・日馬富士。本人が引退したにもかかわらず、現在は日本相撲協会と貴乃花親方との対立がクローズアップされ、一連の騒動が収まる気配はありません。これはいわば、組織内の権力者同士の対立ですが、日本相撲協会とはそもそもどのような組織なのでしょうか。今回は、組織としての収入と、個人としての給与という面から考えてみたいと思います。

総資産400億円超、盤石の財政

 過去の決算資料などを見ると、「公益財団法人」である日本相撲協会は、非常に優良な「法人」です。2016年度の収入は約122億円(興行、国技館のレンタル、広告収入など)、最終的な利益は約6億円、そして組織を構成する人員は約1000人です。さらに、現預金が55億円、法人の所有である両国国技館などを含む土地の価値が90億円などで、総資産は売り上げの3倍強の400億円を超え、財務的にも盤石と言えます。

 人員1000人の内訳はざっと750人が力士、250人が運営側ですが、運営側の100人程度が「年寄」で一般的に「親方」と呼ばれる方々、その他150人が行司や呼出、床山(髪)、事務スタッフなどの専門職です。この年寄が企業の「管理職」で、さらにその中から選ばれた10人の理事が「取締役」といえば分かりやすいかと思います。

 前述通り、財務状況は良好ではありますが、筆者のように中小企業のコンサルティングをしている者からすると「売り上げのわりに人数が多い」ように感じます。この「売り上げと人数の関係」は、最近では「社員1人あたりの稼ぐ力」というランキングにもなっていますが、日本相撲協会の場合は122億円を1000人で割れば、1人あたり1220万円ということです。

 財団法人と企業、そして業界も違うので一概には比較できませんが、この手のランキングで常に上位を占める総合商社などは社員1人あたり4億~5億円が当たり前で、1220万円は一般的な企業と比べても「かなり少ない」と言えます。つまり「売り上げのわりに人が多い」ということになります。

1 2

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。