オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

休日に若手を食事に誘おうとする夫を妻バッサリ「そういうの迷惑」、誘うのはアリかナシか

誘いを断る場合のマナーは?

Q.逆に部下が上司の誘いを断る場合、マナー的観点からどのようなことに気を付けるべきですか。

西出さん「上司に対する基本的な礼儀として、まずは『お誘い、ありがとうございます』などと、誘ってくれたことへのお礼の言葉を伝えることをお薦めします。仮に迷惑などのマイナスな感情が起きても、マナーは相手の立場に立つことからスタートします。部下側も自分の感情以前に、まずは上司に対して礼節ある言動をなさるとよいでしょう。その後『申し訳ないのですが、その日はすでに予定が入っております』とおわびするとともに、先約がある旨を簡潔に伝えればオーケーです。具体的な理由を伝える必要はありません。上司は、誘いを断られたからといって落ち込んだり、部下に理不尽な言動をしたりしないように。上司と部下の関係は、職場で互いを思いやり合いながら、会社の業務を遂行し、その結果、社会を良くしていくために共に仕事をするのが基本。この大前提にある基本を忘れないことが大切です」

(オトナンサー編集部)

1 2

マナー西出ひろ子

マナーコンサルタント、マナー評論家、マナー解説者、ヒロコマナーグループ代表

マナー西出ひろ子としても活動。大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経て、マナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。オックスフォード大学大学院遺伝子学研究者のビジネスパートナーと起業し、お互いをプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、他に類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績はテレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「いだでん」「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」などのドラマや映画、書籍で、マナー指導・監修者としても活躍中。著書は28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)「運のいい人のマナー」(清流出版)など監修含め国内外で95冊以上。「10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー」(青春出版社)など子どものマナーから、ビジネスマナーやテーブルマナーなどマナーのすべてに精通。2021年最新刊「入社1年目の新しい教科書 新・ビジネスマナーの基本とマナー」(学研プラス)は発売前から好評。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムVIPマナーサロン(http://www.erh27.com)。
※「TPPPO」「先手必笑」「マナーコミュニケーション」は西出博子の登録商標です。

コメント