オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

憂鬱、絶望、悲哀、慟哭…人は誰もが「うつ」を抱えて生きている!

太宰治、石川啄木、有島武郎…文豪たちの悩みや苦しみが、そっと寄り添ってくれる著作「文豪たちの憂鬱語録」を紹介します。

青森県五所川原市にある太宰治の銅像(2009年6月、時事)
青森県五所川原市にある太宰治の銅像(2009年6月、時事)

 憂鬱(ゆううつ)な気分のときに「頑張れ!」「諦めなければ道は開ける!」「死ぬ気で頑張れば乗り越えられる!」。世の中には、ポジティブな言葉がたくさんありますが、失敗や挫折を繰り返しているときはつらいだけでしょう。人は誰もが憂鬱と悲哀を抱えて人生を生きています。今回は「文豪たちの憂鬱語録」(豊岡昭彦、高見澤秀編著、秀和システム)を紹介します。

薬物中毒、自殺未遂、愛人関係…太宰治の絶望史

 青森で生を受けた太宰治の本名は、津島修治。津島家は大地主であり、父も名士として知られていました。太宰は学校の成績も優秀で、弘前中学に進学。当時は旧制中学への進学率が5%程度と言われていた時代です。家柄に恵まれたこともありますが、太宰少年はかなり頭がよかったのです。

 さらに、旧制弘前高校に進学。ここで文学に出会います。後年に師事する井伏鱒二や、逆に猛批判することになる志賀直哉を愛読。中でも、太宰少年の心をとらえた作家は芥川龍之介でした。在学中に芥川が死去したことで、太宰は絶望への第一歩を踏み出します。

 同人誌を発刊するなど文士としての道を歩み始める一方、在学中には1回目の自殺未遂を起こしています。どうにか卒業し、1930年、東京帝国大学文学部仏文科に入学。上京後、講義についていけなくなると「左翼活動に傾倒して投獄される」「津島家を分家除籍される」「カフェの女給・田部シメ子と心中事件を起こす(シメ子のみ死亡)」など“絶望キャラ”と化すのです。

 1933年ごろから執筆活動を本格化させ、1935年には第1回芥川賞候補になります。この頃、「新聞社の入社試験に落ちて自殺未遂」「腹膜炎の手術からパビナール中毒に(鎮痛剤のパビナールの依存症)」「芥川賞に落選して選考委員の川端康成に激怒」「妻が不倫したことから夫婦で心中未遂 (後に離縁)」など、現在、よく知られる太宰像がほぼ完成するのです。

 1938年の結婚を機に文士としての活動が動道に乗り始め、数々の名作を生みます。終戦後、太田静子との再会(戦前から深い関係にあった)や山崎富栄との出会いを経て、既婚の身でありながらそれぞれと恋に落ちます。1948年、富栄と玉川上水に入水(じゅすい)。38歳没。自己破滅的な一生を送った太宰だけに、名言の数々は他を圧倒しています。

太宰の真骨頂、運命を呪いたくなる名言

 太宰の人生を振り返れば、堕罪の絶望や憂鬱に満ちた名言も理解できます。SNSなどで「太宰暗すぎてウケる」などとつぶやかれていますが、ここまで振り切ると、読み手にはむしろ生きる活力になるでしょう。本書に掲載されている100を超える太宰の「ネガティブ名言」の中からいくつかをご紹介します。

・生きてゆくから、叱らないで下さい(「狂言の森」)

・ちかごろの僕の生活には、悲劇さえ無い(「正義と微笑」)

・水は器にしたがうものだ(「ダス・ゲマイネ」)

・自分が誰だかわからなかった。何が何やら、まるでわからなくなってしまっていたのである(「誰」)

・姉さん。僕には、希望の地盤が無いんです。さようなら(「斜陽」)

 太宰以外にも、著名な文豪の内面が描かれています。

【石川啄木】
娼婦、借金、無断欠勤も赤裸々なクズの証明日記。エロ本写しに没頭して会社をサボり、給料が入るなり連日、吉原に繰り出す。さらに、月給を前借りして浅草に繰り出す。

【夏目漱石】
神経症にも悩まされ、さらに胃痛から胃潰瘍となってしまう。以後、痔(じ)、糖尿病、ノイローゼ、リウマチと、漱石は複数の病気につきまとわれることとなる。病苦から漱石を解放したのは、1916年、胃潰瘍による自身の死であった。

【谷崎潤一郎】
女性崇拝を通り越したマゾと脚フェチ。2人目の妻となる女性には「あなたに支配されたい」、3人目の妻となる女性にも「ご主人さまとして仕えたい」「気の済むまでいじめてほしい」「生命身体家族兄弟収入等全てささげます」などと書き送っている。

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員 尾藤克之

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント