オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

キムタクが…驚きの声も 「老眼」の発症時期・症状・治療法、なりやすい人は?

進行は止められず…老眼鏡や治療を

Q.老眼の進行を止めることや治療は可能ですか。

朝生さん「老化現象の一つなので、残念ながら進行は止められません。手元の見づらさを解消する治療をしていきます。簡単な方法としては、老眼鏡やコンタクトレンズがあります。これらは体への負担が少ないので、まず試してみるとよいでしょう。外科的な治療としては、『老視レーシック』や多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が挙げられます。

レーシックは、角膜の形状を特殊なレーザーで変化させるものですが、意図的に若干の近視になるようレーザー照射のパターンを変えたり、多焦点性を持たせて老眼を感じにくくしたりする方法があり、白内障が進行していない世代に好適応です。

白内障手術は、もともと目の中にある水晶体を人工の眼内レンズに取り換える方法です。眼内レンズ自体には調節力はありませんが、2カ所以上にピントが合うレンズを入れることで、眼鏡なしでもある程度手元が見えるようになります。どの方法もメリット・デメリットがあるので、医師にご相談ください」

Q.老眼の自覚症状が出たとき、まず行うべきことは何でしょうか。

朝生さん「老眼による見にくさであれば、見たい物の距離を変えるとピントが合う可能性があるので、まずはご自身で距離を変えてみてください。しかし、他の病気による見にくさかどうか判断が難しいので一度、眼科を受診してください。また、日常生活に支障が生じなければ、経過観察でも医学的に大きな問題はありません」

Q.老眼と上手に付き合っていくために求められる意識・行動とは。

朝生さん「老眼を治療することは老化現象に逆行することなので、一種のアンチエージングといえます。目だけを治しても他の器官に障害があれば、日常生活に支障が出てしまうので、よい健康状態を保つことが大事です。老眼の治療も調節力が元通りになるわけではないので、治療する/しないにかかわらず正しい情報を得て、納得のいく治療を選択していただきたいと願っています」

(オトナンサー編集部)

1 2

朝生 浩(あそう・ひろし)

眼科専門医

日本大学医学部卒業。日本大学医学部付属板橋病院眼科助教。専門は白内障・網膜硝子体手術。若年者から高齢者まで、幅広い眼疾患の手術を行う他、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術やICLなどの屈折矯正手術も手掛ける。

コメント