オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マナー
  • こんなことまで! 会社で見せてはいけない5つの「悪いクセ」

こんなことまで! 会社で見せてはいけない5つの「悪いクセ」

ふと気づいたら貧乏ゆすりをしている――。皆さんも、無意識に行っている何らかのクセをお持ちかもしれません。しかし要注意。そうした行動は知らず知らずのうちに、自分の評価を下げている可能性があるようです。

評価が低いのは無意識のクセのせい?

 どれだけ自分のことを、「頑張っている」「結果を出している」と思っていても、会社における評価が伴わないこともあります。ひょっとしたら、その原因は「無意識にやっている悪いクセ」かもしれません。

 年間250本以上の講義やビジネスマナーの連載、執筆などをこなし、3月に新刊「入社1年目 ビジネスマナーの教科書」を出版したマナー講師の金森たかこさんによると、評価ダウンにつながるクセには、主に以下の5つがあります。

不快に思われると努力が水の泡に

「自分では頑張っているつもりでも、それを評価するのは相手です。人は、態度や言動にはその人の内面や気持ちが表れていると考えます。自分にそのつもりはなくても、無意識の態度や言動によって相手から不快に思われてしまうと、努力や実績が台無しになってしまうこともあります」(金森さん)

 知らず知らずのうちに、やってしまいがちな悪いクセは以下の通りです。

【腕を組む】

 新人が腕を組んでいれば「偉そう」と捉えられてしまいます。一方、上司が腕を組んでいれば「怖そう」「話しかけにくい」といった印象を持たれるため、部下や後輩から敬遠され、良好なコミュニケーションを取れない可能性があります。

【ひじを付く】

 ひじを付きながら電話対応をしていると、「横柄な人」と捉えられてしまいます。ほかにも「行儀が悪い」「姿勢が悪い」「偉そうに見える」などと、人に不快な印象を与えてしまいます。

1 2

金森たかこ(かなもり・たかこ)

マナー講師・話し方マナーコミュニケーション講師

一般社団法人マナー教育推進協会代表理事副会長、ウイズ株式会社社長。大阪府出身、京都市在住。大手食品メーカー人事部で人材育成・秘書業務などに携わった後、フリーアナウンサーとして独立。ニュース・情報番組をはじめ、テレビ・ラジオを中心に話し方、コミュニケーションの仕事に携わる。その後、マナーコンサルタントの西出ひろ子氏に師事し、ビジネスマナー講師として講演・研修・コンサルティングなどを行う。アナウンサーとして培った話し方やボイストレーニングを取り入れた、コミュニケーション能力向上を軸とした独自の講義スタイルに定評がある。就職面接対策講座では、99%の内定率を誇る人気講師として活躍中。DODAキャリアコンパスにてビジネスマナーの連載を行う。2017年3月にプレジデント社より「入社1年目ビジネスマナーの教科書」を出版。テレビ番組や新聞、雑誌などのメディアでも活躍中。企業研修・コンサルティング(http://www.withltd.com)、大人のマナースクール(http://www.fastmanner.com)。