• HOME
  • マナー
  • これだけは守ろう! 「結婚式」における服装のマナー【女性編】

これだけは守ろう! 「結婚式」における服装のマナー【女性編】

最近はカジュアルな形式が増えるなど、トレンドが変化しつつある「結婚式」。しかし、スタイルは変われど、これだけは守りたい服装のマナーがあります。

結婚式における服装のマナーとは

女性が結婚式の服装を選ぶ際の3つのポイント

 大人になると、結婚式に出席する機会が増えていきます。最近はカジュアルな形式のものが増えるなど、トレンドも変化しつつありますが、皆さんはいつも、どのような服装を選んでいますか。

 オトナンサー編集部では、式のスタイルは変わっても、これだけは絶対に守ってほしい「服装のマナー」をお伝えします。今回はその女性編。教えていただくのは年間250本以上の講義やビジネスマナーの連載、執筆などをこなし、3月に新刊「入社1年目ビジネスマナーの教科書」を出版した、マナー講師の金森たかこさんです。

 まず結婚式は、自分が着たい服装を優先するのではなく、以下の項目を満たしているかどうかがポイントです。

【年齢・式場の格に合っているか】

 まずは、自分の年齢に合った格好をしているかどうかが重要です。それぞれの年代にふさわしい、違和感のない色やデザインの洋服を選ぶようにしましょう。

 また、結婚式が行われる会場の格も気にする必要があります。服装があまりにカジュアルすぎて、会場の格と合わずに恥ずかしい思いをした…ということにならないように、事前に会場の雰囲気もリサーチしておきましょう。

【華を添える服装か】

 結婚式では、男性はスーツを着用するため、どうしても黒や紺、灰色などの落ち着いた印象の色となってしまいます。その半面、女性はさまざまなカラーのドレスを楽しむことができます。女性は、会場に華を添える役割も担っているのです。

 最近では、黒のドレスで落ち着いた印象にまとめる方もいらっしゃいますが、招いた側からすると、華やかな装いで出席してもらえれば、うれしいものです。心を尽くして相手のために装うのも、お祝いの気持ちの表現のひとつ。本来求められている、華を添えられる服装になっているか配慮するのも、ワンランク上の大人の女性と言えるでしょう。

【新婦より目立っていないか】

 前項で「華を添えるような服装を」としましたが、あくまで「華を添える」立場です。結婚式の主役である新婦より目立つことがあってはいけません。花嫁の色である白いドレスを着ることは避けましょう。お色直しがある場合は、自分の着ていくドレスがカクテルドレスのカラーと重ならないか、さりげなく聞いておくのもよいでしょう。

1 2 3 4 5

金森たかこ(かなもり・たかこ)

マナー講師・話し方マナーコミュニケーション講師

一般社団法人マナー教育推進協会代表理事副会長、ウイズ株式会社社長。大阪府出身、京都市在住。大手食品メーカー人事部で人材育成・秘書業務などに携わった後、フリーアナウンサーとして独立。ニュース・情報番組をはじめ、テレビ・ラジオを中心に話し方、コミュニケーションの仕事に携わる。その後、マナーコンサルタントの西出ひろ子氏に師事し、ビジネスマナー講師として講演・研修・コンサルティングなどを行う。アナウンサーとして培った話し方やボイストレーニングを取り入れた、コミュニケーション能力向上を軸とした独自の講義スタイルに定評がある。就職面接対策講座では、99%の内定率を誇る人気講師として活躍中。DODAキャリアコンパスにてビジネスマナーの連載を行う。2017年3月にプレジデント社より「入社1年目ビジネスマナーの教科書」を出版。テレビ番組や新聞、雑誌などのメディアでも活躍中。企業研修・コンサルティング(http://www.withltd.com)、大人のマナースクール(http://www.fastmanner.com)。