オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

新入社員に「くん」「ちゃん」はアリ? それともナシ?

自分自身の評価が下がってしまう

 そうなると、「◯◯くん」と呼ばれる部下ではなく、そう呼んでいる自分自身の評価が下がってしまうことになりかねません。社長の前では「◯◯さん」と呼ぶほうが、新入社員を「仲間」として、「人」として認めている印象を与えられるため、プラスの評価につながります。「些細な表現ひとつで人からの評価は変わりうるのです」(金森さん)。

 そこで大切なのは、その場にあった呼び方をしたり、TPOに合わせて使い分けたりすること。言葉は言われた本人だけでなく、その言葉を聞いている周囲の人にも影響を与えてしまいます。

「同様に、部下を『◯◯ちゃん』と呼ぶのはやめたほうがよいでしょう。砕けすぎた表現は気持ちの上で公私の区別がつかなくなり、仕事にマイナスの影響を及ぼしかねません」(金森さん)

※参考文献:「頭がいい人のマナー 残念な人のマナー」(西出ひろ子著)

(オトナンサー編集部)

1 2

金森たかこ(かなもり・たかこ)

マナー講師・話し方マナーコミュニケーション講師

一般社団法人マナー教育推進協会代表理事副会長、ウイズ株式会社社長。大阪府出身、京都市在住。大手食品メーカー人事部で人材育成・秘書業務などに携わった後、フリーアナウンサーとして独立。ニュース・情報番組をはじめ、テレビ・ラジオを中心に話し方、コミュニケーションの仕事に携わる。その後、マナーコンサルタントの西出ひろ子氏に師事し、ビジネスマナー講師として講演・研修・コンサルティングなどを行う。アナウンサーとして培った話し方やボイストレーニングを取り入れた、コミュニケーション能力向上を軸とした独自の講義スタイルに定評がある。就職面接対策講座では、99%の内定率を誇る人気講師として活躍中。DODAキャリアコンパスにてビジネスマナーの連載を行う。2017年3月にプレジデント社より「入社1年目ビジネスマナーの教科書」を出版。テレビ番組や新聞、雑誌などのメディアでも活躍中。企業研修・コンサルティング(http://www.withltd.com)、大人のマナースクール(http://www.fastmanner.com)。

コメント