オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

今年も芸能人の報道多く…「不倫」をする人に共通する特徴とは

もし、不倫に走りそうになったら…

Q.男女トラブルで相談が多い時期は。

堀井さん「例年12月に多くなりますが、今年は特に増えています。『不倫相手と別れたい』といった相談依頼が毎日のように来ています。男性がクリスマス、年末年始に家族と過ごすため、不倫している女性は心が波立ちますよね。それで、『奥さんにばらす』『私たちどうなるの?』などと強く迫って、困った男性が相談に来ます。

たいていは、『本日をもって交際を解消します』という通知を不倫相手に送り、話し合いをして関係を断っています。このほか、ゴールデンウイークやお盆の時期にも相談が増えます」

Q.不倫に陥りそうな場合の対処法はありますか。

堀井さん「先述しましたが、軽い気持ちで不倫をする男性が多いと思います。女性は、相手にその気がなくても真剣に交際する傾向にあるので、問題が深刻化しやすいです。本来、不倫は褒められる行為ではありませんが、付き合う際に『僕には妻子もいて離婚する気はない。それでもいいなら』などとはっきり言えるような人でなければ、不倫をしてはいけません。

また、夫のDVなどが要因で不倫をする女性は周囲の助けがなく、視野が狭くなっていると思います。適切なアドバイスができる相談相手が必要です。もし、私が相談に乗ったら離婚するよう説得します。夫から暴力を受けている女性は夫が怖いだけでなく、『子どもがいる』『世間のイメージが悪くなる』などと離婚を踏みとどまる傾向にありますが、危害を加える相手と暮らし続けてもメリットはありません。

また、不倫が夫にばれても、助けを求めて別の男性と不倫を繰り返す恐れもあります。そういう人が離婚という選択肢を考えるようになれば、世間で不倫は減っていくのではないでしょうか」

(オトナンサー編集部)

1 2

堀井亜生(ほりい・あおい)

弁護士

1977年生まれ。札幌市出身。中央大学法学部卒。一般民事、刑事、医療過誤、企業法務、著作権など幅広い分野を取り扱い、多数の企業・病院の顧問を務める。中でも離婚・男女問題の取り扱い実績が多く、離婚・男女問題のスペシャリストとして、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)のレギュラー出演をはじめ、「とくダネ!」「ノンストップ!」「笑っていいとも!」(いずれも、フジテレビ系)など多くのテレビ番組に出演。著書に「ブラック彼氏 恋愛と結婚で失敗しない50のポイント」(毎日新聞出版)。オフィシャルホームページ(https://horiiaoi.com/

コメント