• HOME
  • 暮らし
  • 日の丸、トリコロール…国旗の「色」にはどのような意味があるのか

日の丸、トリコロール…国旗の「色」にはどのような意味があるのか

白地に赤い丸といえば、日本の「日の丸」、青と白、赤の三色旗といえばフランスの「トリコロール」――。世界各国の国旗に描かれた「色」はさまざまですが、実はそこには、その国固有の歴史や文化に基づく、多種多様な意味が込められています。

フランスから時計回りにミャンマー、アラブ首長国連邦、フィリピン

 日の丸の「赤い丸」が「太陽」をモチーフにしていることは常識ですが、カラー&イメージコンサルタントの花岡ふみよさんによると、各国の国旗に描かれた「色」の意味は、実にさまざまです。今回は「国旗と色」の関係について考えます。

最も多く使われているのは「赤」

 花岡さんによると、世界の国旗で最も多く使われている色は赤で、これに白、青、緑、黄が続きます。「国旗は識別しやすいように、注目されやすい目立つ色が使われるほか、明快なコントラストをつけた配色であることが多いです」。逆に、赤と青の中間の紫や、赤と黄の中間であるオレンジが使われることは少ないそう。

 それでは、各国の国旗の「色」に込められた意味はどのようなものでしょうか。

【赤】

 日の丸においては「太陽」を表しますが、革命などで流れた「血」「犠牲」を示すほか「共産主義」「博愛」「愛国」などの意味を持つことも。

【緑】

「自然」や「緑豊かな国土」のほか、「平和」「調和」の意味でも使用されます。また、「イスラム教」を象徴する色として、イスラム教国で多用される傾向にあります。

【青】

「海」「空」などの自然を表します。「自由」「正義」を象徴する場合もあります。

【黄】

「太陽」「光」「輝き」「豊かさ」を象徴します。「ヒンドゥー教」を象徴する色として、ヒンドゥー教国で多用されます。

【白】

「自由」「純潔」「正義」「平和」を表します。

【黒】

「植民地時代の暗黒」や「過去の圧制」、そして「国民の強さ」を表します。

1 2

花岡ふみよ(はなおか・ふみよ)

カラー&イメージコンサルタント、株式会社ラピス代表取締役、ラピスアカデミー校長

人と企業をブランディングするカラー&イメージコンサルタント歴25年。似合う色や第一印象術のイメージコンサルティング実績は1万3000人。企業の色彩戦略コンサルティングやセミナー講演、研修、執筆実績も多数。株式会社ラピス(http://www.lapis234.co.jp/)、ラピスアカデミー(http://www.lapis234.com/)、サロン・ド・ラピス(http://www.lapis234.jp/)。