オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

こんなにあった! 間違いと気づきにくい敬語の用例10選

「おっしゃられる」などの二重敬語に注意

・「御社の社長を存じています」

 その人を知っているときは「存じ上げる」を使いましょう。「御社の社長を存じ上げております」が正解です。

・「御社のご住所は存じ上げています」

 物や場所など人以外の物事の場合は「存じる」を使います。「御社のご住所は存じています」が正解。

・「お客様がランチをお召し上がりになりました」

「食べる」の尊敬語は「召し上がる」ですが、「お召し上がりになる」だと二重敬語になってしまいます。「お客様がランチを召し上がりました」が正解。

・「お客様がおっしゃられていました」

「言う」の尊敬語は「おっしゃる」。これに「られる」をつけると二重敬語になります。正解は「お客様がおっしゃっていました」。

・「社長は外出なされていました」 

「する」の尊敬語は「なさる」。これに「れる」をつけると二重敬語になります。正解は「社長は外出なさっていました」。敬語を意識するあまり、必要以上に敬語を重ねないように注意しましょう。

敬語は相手に対する敬意を表す

「敬語を正しく使いこなすことは難しいですが、『相手に対する敬意を表す言葉』という意識をもって学び、相手の立場や気持ちを思いやって使えば、自然と身についていくはずです」(金森さん)

(オトナンサー編集部)

1 2

金森たかこ(かなもり・たかこ)

マナー講師・話し方マナーコミュニケーション講師

一般社団法人マナー教育推進協会代表理事副会長、ウイズ株式会社社長。大阪府出身、京都市在住。大手食品メーカー人事部で人材育成・秘書業務などに携わった後、フリーアナウンサーとして独立。ニュース・情報番組をはじめ、テレビ・ラジオを中心に話し方、コミュニケーションの仕事に携わる。その後、マナーコンサルタントの西出ひろ子氏に師事し、ビジネスマナー講師として講演・研修・コンサルティングなどを行う。アナウンサーとして培った話し方やボイストレーニングを取り入れた、コミュニケーション能力向上を軸とした独自の講義スタイルに定評がある。就職面接対策講座では、99%の内定率を誇る人気講師として活躍中。DODAキャリアコンパスにてビジネスマナーの連載を行う。2017年3月にプレジデント社より「入社1年目ビジネスマナーの教科書」を出版。テレビ番組や新聞、雑誌などのメディアでも活躍中。企業研修・コンサルティング(http://www.withltd.com)、大人のマナースクール(http://www.fastmanner.com)。

コメント