オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「獺祭」はこう飲む! プロが教える魅力、そして人気の秘密とは

獺祭がない場合のオーダー

 ちなみに、獺祭に似たお酒としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 獺祭の味わいの特徴は華やかで上品な香りと、口に含んだときの甘み、飲み込んだ後の余韻の長さ。「こちらに近い味わいとなると、おのずと純米大吟醸のお酒が候補になります」。

 ただ、それぞれの日本酒には造り手の思いのこもった“個性”があり、同じ味はなく、日本酒の味の感じ方も人それぞれ。そこで齊木さんは「近い味わいの日本酒」ではなく、「獺祭がない場合にオーダーしてみたい日本酒」を紹介してくれました。

・「醸し人九平次」(萬乗醸造、愛知)

・「十四代」(高木酒造、山形)

・「黒龍」(黒龍酒造、福井)

・「而今」(木屋正酒造、三重)

 獺祭以外にも、洋風化した日本人の食生活や海外市場を見据えた商品開発、ブランディングをされた日本酒が次々と登場していることから、齊木さんは「日本酒の楽しみ方も、伝統的な飲み方からワイン感覚まで幅広くなっています。お気に入りのお酒の新たな飲み方を発見して楽しんでください」と話しています。

(オトナンサー編集部)

1 2 3

齊木由香(さいき・ゆか)

日本礼法教授、和文化研究家、着付師

旧酒蔵家出身で、幼少期から「新年のあいさつ」などの年間行事で和装を着用し、着物に親しむ。大妻女子大学で着物を生地から製作するなど、日本文化における衣食住について研究。2002年に芸能プロダクションによる約4000人のオーディションを勝ち抜き、テレビドラマやCM、映画などに多数出演。ドラマで和装を着用した経験を生かし“魅せる着物”を提案する。保有資格は「民族衣装文化普及協会認定着物着付師範」「日本礼法教授」「食生活アドバイザー」「秘書検定1級」「英語検定2級」など。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yukasaiki)。

コメント