オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

昔からあった? 子どもたちの序列「スクールカースト」が生まれる背景とリスク

子どもたちの間に自然発生する序列「スクールカースト」は、仲間外れやいじめの温床にもなります。その背景や、潜在するリスクを専門家が解説します。

いじめの温床にもなる「スクールカースト」とは?
いじめの温床にもなる「スクールカースト」とは?

 この春、進級・進学した子どもたちにとって、新しい環境での生活が始まって1カ月余り。環境の変化に胸を躍らせる子どもがいる一方で、変化に対して大きな戸惑いを抱える子どももいます。4~5月は、学校内の子ども同士のコミュニティーにおける人間関係に変化が生じやすく、子どもたちの間に自然発生する序列、いわゆる「スクールカースト」の組み替えが発生しやすいようです。

 スクールカーストは、仲間外れやいじめの温床にもなりやすく、ネット上では「こういうの昔からあるよね」「今の子どもたちはネット環境も絡むから大変そう」など、さまざまな声が上がっています。スクールカーストが生まれる背景や、潜在するいじめのリスクについて、家族や教育、子どもの問題に詳しい、作家でジャーナリストの石川結貴さんが解説します。

「上位・普通・下位」に分かれる

「スクールカースト」という言葉の中にある「カースト」は、インド社会で歴史的に形成された身分制度のことです。階層ごとに職業や居住地、結婚などに厳格な規制があって、差別の温床にもなっています。

 スクールカーストは、こうした身分制度に似た小集団が学校内で作られ、生徒間の階層化、ヒエラルキー(序列)が生じることを意味します。2000年代後半、教室内で下位グループに所属している子どもたちが、ネット上に「インドのカースト制度のように階層化が進んでいる」という声を書き込んだのが始まりとされています。

 その後、世間一般に広く知られるようになったのは、2012年に教育社会学者の鈴木翔さんが書いた本「教室内(スクール)カースト」(光文社新書)がきっかけだと思います。

 一般的に認識されている階層は「上位・普通・下位」というように分かれています。子どもたちはこの階層を「1軍」「2軍」「3軍」と言います。私が取材した女子高校生は「Aラン(ランク)」「Bラン」「Cラン」という言葉を使っていました。

 こうした階層がどうつくられ、どんな理由で分けられてしまうのかについては、はっきりとした基準がありません。それぞれの地域や学校の特性もあるでしょうし、生徒同士の関係性によっても変わってきます。例えば、1学年1クラスしかない小規模校と数百人の生徒がいる大規模校。地方と都会、公立と私立、男子校・女子校と共学。こうした違いも影響するため、「○○の人はこのランクになる」とは明確に言えないのです。

 ただし、私が取材した範囲では、「リアル(現実生活)のランクとネット(SNSなど)のランクが違う」という状況があります。リアルでは、仕切り屋や目立ちたがり屋などのいわゆる「イケイケ系」と、モテる・おしゃれといった「リア充(リアルが充実している)系」の子どもが上位に行きがちですが、ネットでは「逆に引かれちゃう」というのです。SNSで一方的に自分のことばかり主張したり、彼氏自慢やリア充自慢ばかりしたりすると、「ウザイ」「別のところでやってくれ」と周囲の反感を買うといいます。

 つまり、でしゃばったり、自己顕示欲が強すぎたりする子どもは、逆に嫌われてランクが下がるというのです。

 では、どういう生徒のランクが高いのか――。あくまでも私の取材範囲の話ですが「マメで親切、頭がいい」という優等生タイプ、情報通でコミュ力(コミュニケーション能力)が高いタイプ、聞き上手でうまく立ち回れるタイプ、こうした人が上位に来るそうです。

「優等生タイプが上位」とは意外な気がするかもしれませんが、これは、スマホがインフラ化している今どきの子どもの事情があります。SNSを介して一緒に宿題をやったり、テスト対策をしたりするので、「勉強を教えてくれたり、ノート画像を公開してくれたりする子」は人気が高いわけです。

 また、何かあったときに相談に乗ってくれたり、芸能ニュースやファッション情報に明るかったり、「変顔写真」でみんなを楽しませてくれるような子どもも上位となりやすいです。要は「みんなへのサービス精神」を持っている子どもが評価され、「私が、私が」といった“自己チュー”的な子どもは敬遠されるのです。

1 2

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。

コメント