• HOME
  • マナー
  • もう得意先で困らない! 玄関から会議室に入るまでのマナー

もう得意先で困らない! 玄関から会議室に入るまでのマナー

退室時のマナー【来社編】

◯得意先担当者が来社。担当者が会議室の席を立って、エレベーターに乗るまでのマナー(上司と部下で対応する場合)

 商談や会議が終わり、得意先担当者が帰る際は、原則としてエレベーターまで見送るようにします。部下は早めに会議室のドアを開け、その後上司がお客さまを誘導するように先に出て、上司→お客さま→部下の順になります。

 最後に部屋を出た部下は、さらに先回りしてエレベーターホールでボタンを押し、エレべーターを呼びます。

 エレべーターホールまでの廊下や、エレベーターホールでエレベーターを待っている間は上司がお客さまと歓談し、お客さまがエレベーターに乗る前に別れのあいさつを交わします。

 エレベーターが来て、お客さまが乗り込んだら、扉が閉まるタイミングに合わせ、丁寧にお辞儀をして見送ります。

(オトナンサー編集部)

1 2 3 4

明石伸子(あかし・のぶこ)

NPO法人日本マナー・プロトコール協会理事長

青山学院大学卒業後、日本航空客室乗務員、役員秘書などを経て同協会を設立。日本人として、社会人として必須のマナー&プロトコール(外交儀礼)の啓発・普及に力を注いでいる。そのほか内閣府委員や企業社外取締役、大学非常勤講師などを務める。協会ウェブサイト(http://www.e-manner.info)。