オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マナー
  • もう得意先で困らない! 玄関から会議室に入るまでのマナー

もう得意先で困らない! 玄関から会議室に入るまでのマナー

退室時のマナー【訪問編】

◯上司と部下で得意先を訪問。会議室の席を立ってビルを出るまでのマナー

 得意先担当者との面談後は、見送りをされることが多いようですが「お忙しいでしょうからこちらで失礼いたします」と、会議室の外で見送りを辞退し、辞去のあいさつをするのが基本です。

 ただし、見送りを受けたら、エレベーターの前まで差し障りのない、しかし、親近感を感じさせるような会話を交わし、エレベーターのドアが閉まるタイミングに合わせてお辞儀をします。エレベーターには部下が先に乗り込み、タイミングよくボタンを押すようにします。

 エレベーターの中はもちろん、訪問の前後ともに、得意先に関する話をするのは厳禁。誰が聞いているのかわからないので注意しましょう。

1 2 3 4

明石伸子(あかし・のぶこ)

NPO法人日本マナー・プロトコール協会理事長

青山学院大学卒業後、日本航空客室乗務員、役員秘書などを経て同協会を設立。日本人として、社会人として必須のマナー&プロトコール(外交儀礼)の啓発・普及に力を注いでいる。そのほか内閣府委員や企業社外取締役、大学非常勤講師などを務める。協会ウェブサイト(http://www.e-manner.info)。