オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「大殺界だから来年」「干支合わず破局」…恋愛や結婚の行方を“占い”に委ねる男と女

いきなり、交際終了になった理由

 男性会員の大原裕也さん(42歳、仮名)は、1年間、お見合い婚活をしていましたが、なかなか素敵な女性に巡り会えずにいました。

 そんな時、中国人女性のコウさん(34歳、仮名)とお見合いをしました。

 結婚相談所に外国の女性が登録して活動するには、2通りのやり方があります。一つは、男性が女性の成婚料を負担するタイプ。もう一つは、女性がご自身で活動費や成婚料を払うタイプ。コウさんは、後者でした。

 コウさんは、中国の大学を卒業後、日本に何度か旅行をしているうちに日本が大好きになり、中国人が経営する日本の貿易会社に就職。日本語は、読み書きも会話も不自由なくでき、既に2LDKのマンションを都内に購入している、とても自立した女性でした。

 裕也さんは、コウさんについてこんなことを言っていました。

「ひたむきな努力家だし、生きる原始的なエネルギーを感じるんです。話していても、すごく刺激になります」

 何度かデートを重ねているうちに、結婚の具体的な話もするようになりました。

「中国が一人っ子政策の時に生まれているから、兄弟がいない。結婚したら子どもは3人欲しいって、最近はそんな話も出ているんです」

 結婚に向けて、着実に2人の関係を進めていた矢先、コウさんの相談室から突然“交際終了”が来ました。裕也さんにそのことを告げると、彼はこんなことを言いました。

「毎日メールのやり取りをしていたのですが、今週の水曜からメールがパタリと来なくなったんです。そしたら『交際終了』って、一体何が起こったんでしょうか。もう意味がわかりません」

 そこで、私がコウさんの相談室に交際終了になった理由を尋ねました。すると、相談室の仲人さんがこんな理由を話してくださいました。

「大原さんは誠実で頭も良くて、とても信頼できる男性だと言っていました。結婚を真剣に考えて、中国のお父さんとお母さんに、『日本の男性で結婚したい人がいる』と伝えたそうです。すると、大原さんの生年月日を聞かれ、伝えたところ、『干支が合わない』と言われて、結婚を反対されたそうです」

 交際終了の原因は、干支が合わないから。これもお国柄なのでしょうか。

 不思議なもので、「大殺界です」「四柱推命で相性が悪いです」「干支が合いません」と言われると、前に進めようとする気持ちにストップがかかってしまいます。

 占いを、前に進む力や明るい未来の指標にするのは、決して悪いことではありません。朝のニュースバラエティー番組にも占いコーナーがあり、運が良い日と悪い日、ラッキーカラー、ラッキーアイテムなどを一言アドバイスで伝えていますよね。

 運の良い日は、追い風に乗る。悪い日は注意を払って生活する。ラッキーカラーやアイテムを身につけ、気落ちを上げて一日を過ごす。

 ですが、占いは、当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦。最終的には“自分の決断”で婚活も人生も進めていくことが大事ではないかと思うのです。

(仲人・ライター 鎌田れい)

1 2

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)。

コメント