オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 公務員男性から性的被害を受けた29歳女性、泣き寝入りせず「慰謝料」を手にした行動力(下)

公務員男性から性的被害を受けた29歳女性、泣き寝入りせず「慰謝料」を手にした行動力(下)

公務員の不祥事、とりわけ「性犯罪」が頻発していますが、筆者の元にも、公務員男性による被害に遭った女性の相談者が多く訪れるそうです。

「加害者=公務員男性」の相談者が少なくない
「加害者=公務員男性」の相談者が少なくない

 公務員の男性から性的被害を受け、筆者の元へ相談に来た29歳女性のケース。後編では、こうしたケースで泣き寝入りするケースが多い中、女性がどのようにして慰謝料を勝ち取ったのか、その経緯をご紹介します。

カメラ映像、DNA、診断書を要求され…

 現在も毎日のように悪夢でうなされているのに、現実の世界で同じ男に犯されることを心配しながら暮らしていかなければならないのです。不動産屋に鍵の交換を頼もうにも、理由を聞かれたら答えようがありません。玄関につっかえ棒を設置したものの、在宅中に男がインターフォンを鳴らさず鍵を開けて中に入ってくることを恐れ、外出するのは食料の調達だけでした。

 街中で他の男性とすれ違うだけで強姦(ごうかん)の記憶がフラッシュバックするので、例の男だけでなく、すべての男性に対して恐怖心を抱くようになり、結局、3週間もの長きにわたり、唯さんはほとんど外出することもままならず、仕事も休まざるをえませんでした。

「ホームで電車に飛び降りそうになったことは何度もありました」

 唯さんは心理的に危険な状態に追い詰められていたのですが、何か行動を起こさなければ何も変わらないのも確かです。そこで、唯さんは勇気を振り絞って、公務員として働く男の仕事現場へ連絡したのです。

 受話器の向こうにいたのは男の上司を名乗る人物。「あなたと山口(男の名前)の言っていることが違う。山口はあなたに襲われたと言っている。きちんと根拠を示してもらえますか」とまくし立て、さらに「例えば、防犯カメラの映像とか衣服のDNAとか、病院の診断書とか。証明できるものを持っていますか」と畳みかけてきたのです。

 防犯カメラを室内に設置する一般家庭があるでしょうか。そして、男のDNAを採取できないのに、どうやって唯さんの衣服やベッドのシーツ、玄関のドアノブに付着したDNAと照合するのでしょうか。

 さらに言えば、婦人科医師が診断書に書くことができるのは症状だけ。事件の現場に居合わせたわけではないので、誰のせいなのか、「原因」にまで言及することは困難です。つまり、男の上司はそうしたことを証明できないことを知りつつ、「証明してみろ!」と詰め寄り、唯さんを諦めさせようと画策したのです。

 公務員の組織の多くは、厳しい上下関係で成り立っています。上司と部下はいわば一蓮托生。部下の不祥事は上司の責任にもなりうるので、上司が部下の「レイプ事件」を揉み消そうとするのは当然といえば当然です。結局、唯さんは慰謝料の「慰」の字も言えないまま「もういいです!」と電話を切ってしまったそうです。唯さんの気持ちを考えれば、再度、駐屯地へ電話をかけるよう促すのは難しいでしょう。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント