• HOME
  • マネー
  • 【マーケット展望】OPEC会合における増産凍結期待は後退、内容次第で「米原油先物反応も」

【マーケット展望】OPEC会合における増産凍結期待は後退、内容次第で「米原油先物反応も」

9月28日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比218円53銭安の1万6465円40銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

日経平均は反落し1万6465円40銭で取引を終了した

 9月28日の東京株式市場で日経平均株価は反落、前日比218円53銭安の1万6465円40銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストは、きょう28日に開催される石油輸出国機構(OPEC)非公式会合に注目します。

 八代さんによると、主要産油国が増産凍結で合意できるかどうかが会合の焦点。ただし各国の意見の隔たりは大きく、合意への期待感は後退しているといいます。

 また米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が同日、下院で議会証言を行う予定です。八代さんは「OPEC会合や議会証言の内容次第では、米原油先物や米国株、外国為替市場が反応する可能性があります」と話しています。

(オトナンサー編集部)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部アナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。