オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

女性の罹患数1位 「乳がん」の基礎知識と治療法

乳がんの見つけ方

 乳がん検診で行われる検査には、医師が乳房全体を見たり触ったりして、しこりや引きつれの有無などを確認する視触診(2013年からは信憑性に欠けるとされ、必ずしも試行しなくてよくなりました)のほか、大きく「マンモグラフィー」と「超音波」の2種類があります。

 どちらかを選ぶケースが多いですが、いずれにもメリット/デメリットがあるため、年齢や状況を考慮して選びましょう。罹患率の高まる40歳を過ぎたら両方受けることをお薦めします。

・マンモグラフィー

 乳房を透明の板で挟んでエックス線によって撮影する手法。上下、斜め方向と数カ所で撮影します。乳がん初期の「石灰化」を見つけ出すことができる精度の検査です。「石灰化」は白い粒状として見えますが、乳腺も白く映るため、乳腺の発達した若い世代では鑑別が難しくなっています。

・超音波

 乳房全体に専用のジェルを塗り、プローブと呼ばれる超音波を発する器具で様子を見る検査。痛みがなく放射線被ばくがないのが特徴ですが、「石灰化」を見つけるには不向きです。

マンモグラフィーと超音波検査のメリット/デメリット

 このほかに、腫瘍が疑われる所見があった際に存在診断を行う「MRI検査(磁気共鳴画像診断)」や、乳がんリスクを確かめる「遺伝子検査(※保険適用外)」などがあります。

(オトナンサー編集部)

1 2 3 4

富永祐司(とみなが・ゆうじ)

ベルーガクリニック院長

医学博士。2006年に乳腺外科ベルーガクリニックを東京都板橋区に開設し、乳腺診断の専門家としてこの10年間に約1500件の乳がんを診断。乳腺診断では乳腺界でも有名で、テレビ等数々のメディアに出演。ベルーガクリニック(〒174-0046 東京都板橋区蓮根3-14-1 第2カネヨビル2F、03-5916-0114、http://www.beluga-cl.com/)。

コメント