オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

薄いズボン履けない、病院行きにくい…「尿漏れ」の分類・原因・治療&予防法

多くの人が悩んでいる「尿漏れ」。その原因や治療法、家庭でできる予防法について、医師に聞きました。

尿漏れの原因と対策とは?
尿漏れの原因と対策とは?

「尿漏れ」の症状について先日、ネット上で話題になりました。くしゃみやせきをした瞬間など、腹部に圧力がかかる場面で尿漏れを覚える人が多く、日常生活の中で不便を感じている人が多いようです。

 ネット上では「尿漏れが嫌で、水分取るのを控えています」「パッドが欠かせない」「薄い色のズボンが履けない」「40代に入ってひどくなった」「恥ずかしくて病院に行きにくい」など、さまざまな声が上がっています。

 オトナンサー編集部では、尿漏れの原因や治療法について医師の尾西芳子さんに聞きました。

女性の4割が腹圧性尿失禁

Q.そもそも「尿漏れ」とは何でしょうか。

尾西さん「尿漏れ(尿失禁)は、自分の意思とは関係なく尿が漏れ出てしまう症状です。尿失禁は原因や症状によっていくつかの種類に分類されます。代表的なものは以下の通りで、性別によって原因や症状が異なる場合があります」

腹圧性尿失禁:くしゃみやせきなど、おなかに力が入った時に尿が漏れてしまう
切迫性尿失禁:急に尿意を催し、その瞬間に漏れてしまう
溢流性尿失禁:自分で尿を出したい時には出ないのに、意図せず少しずつ漏れてしまう
機能性尿失禁:排尿機能には異常がないけれども、歩行障害や認知症できちんとトイレで排尿できない

Q.性別による違いとは。

尾西さん「腹圧性尿失禁は圧倒的に女性に多く、2000万人以上(女性の4割)が悩んでいると言われています。加齢や出産により、骨盤の底の筋肉が緩んで発症します。

切迫性尿失禁は、女性の場合は、加齢や出産によって骨盤底の筋肉が緩んで膀胱(ぼうこう)や子宮が下がる骨盤臓器脱などが原因になりますが、男性の場合は前立線肥大症が原因となります。

切迫性尿失禁は、男女ともに、脳血管障害などによって脳からの指令がうまく出なくなった時に起こる場合があります。溢流性尿失禁は男性に多く、前立線肥大による影響が大きいと考えられます」

Q.尿漏れを起こしやすい人の特徴を教えてください。

尾西さん「加齢による原因が大きいですが、若い人でもダイエットにより骨盤底の筋肉が弱くなったり、逆に太りすぎで骨盤底に負担がかかったりすると、尿漏れを起こしやすくなります。また、マッサージ師など腹圧のかかる仕事をしている方に発症しやすいのが特徴です」

Q.尿漏れの治療法とは。

尾西さん「どのタイプの尿失禁かによって治療法は異なります。まずは泌尿器科に相談するとよいでしょう。女性の場合は、かかりつけの産婦人科医に相談するのもお勧めです。

腹圧性尿失禁の場合、骨盤の底の筋肉を強くするために骨盤底筋運動を行います。軽い失禁であれば1カ月ほどで良くなります。改善がみられない場合は、漢方薬や手術などの治療へ進んでいきます。切迫性尿失禁の場合は、内服薬と骨盤底筋運動のほか、少し尿意を我慢する訓練などを行います。

子宮が下がっているなど、骨盤臓器脱の症状のある時は産婦人科を受診してください。尿漏れは、恥ずかしがって受診をためらってしまう方が少なくありません。脳や婦人科系の病気が隠れている場合もあるので、早期の治療開始が肝心です」

Q.尿漏れを改善するために、日常生活において意識すべきことはありますか。

尾西さん「骨盤の底の筋肉を傷めないことが大切です。排便時に強くいきまないこと、重たい物をたくさん持たないことなどを意識してみましょう」

Q.尿漏れを予防する方法はありますか。

尾西さん「日頃から骨盤底の筋肉を鍛える訓練を行いましょう。あお向けになり、両膝を立てます。足を軽く広げて排尿や排便を我慢するような感じで10秒キープし、緩めるという体操を10回繰り返してください。1日1回でも効果は実証されていますが、2~3回できるとより効果的です。早ければ2~3週間で効果が出るので、頑張ってください」

(ライフスタイルチーム)

尾西芳子(おにし・よしこ)

産婦人科医(日本産科婦人科学会会員、日本女性医学学会会員、日本産婦人科乳腺学会会員)

2005年神戸大学国際文化学部卒業、山口大学医学部学士編入学。2009年山口大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学附属病院研修医、日本赤十字社医療センター産婦人科、済生会中津病院産婦人科などを経て、現在は高輪台レディースクリニック副医院長。「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と、女性のすべての悩みに答えられるかかりつけ医を目指している。産科・婦人科医の立場から、働く女性や管理職の男性に向けた企業研修を行っているほか、モデル経験があり、美と健康に関する知識も豊富。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/)。

コメント