オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 「おい、生ビール」は1000円 頼み方で値段設定異なる居酒屋が飲み放題開始、理由は?

「おい、生ビール」は1000円 頼み方で値段設定異なる居酒屋が飲み放題開始、理由は?

「『おい、生ビール』1000円」の張り紙で話題となった東京都内の居酒屋が、生ビールをセルフサービス形式で提供することにしました。

飯田橋店内の様子(頼富商會提供)
飯田橋店内の様子(頼富商會提供)

「『おい、生ビール』1000円」の張り紙で話題となった東京都内の居酒屋が8月13日から、生ビールをセルフサービス形式で提供することにしました。来店客の急増などによる従業員の負担増を軽減するのが目的です。セルフサービスとする代わりに、30分290円でビールが飲み放題となります。オトナンサー編集部では、飲み放題に切り替えた経緯について運営会社の担当者に聞きました。

セルフサービスでストレスをなくす

 飲み放題を始めたのは、飯田橋にある「大衆和牛酒場 コンロ家 霜降り和牛鍋と神戸牛ホルモン鉄板焼」です。和牛料理とワインが楽しめる店で、飯田橋のほか、代々木、神田、両国にも出店。9月には渋谷にもお店を出す予定です。

 ビールの飲み放題は、飯田橋店と神田店で実施しています。4種類のビールのほか、50~100種類のワインも楽しめます。

 7月に話題となった張り紙は「『おい、生ビール』1000円」「『生一つ持ってきて』500円」「『すみません。生一つください』380円(定価)」と、客の頼み方に応じた、3段階の料金を記載したものです。

 フランスのカフェからアイデアを得たもので、実際に1000円や500円を払わせることはなく、「従業員と客が対等な立場でありたい」「お互いを思いやり、『敬語を使いませんか』と客に伝えたい」という思いから作られました。

 店舗を運営する頼富商會(東京都港区)の副社長、蒲池章一郎さんに話を聞きました。

Q.メディアで取り上げられた後、来店客は増えましたか。

蒲池さん「予約成立件数で見ると、各店舗の客数は平均で1.2倍ほど増えました。ありがたいです」

Q.なぜ、セルフサービスを開始したのですか。

蒲池さん「多くのメディアで張り紙を報道していただきましたが、こちらの予想以上に、『おい、生ビール』と注文する人が急増したことが原因です。従業員が抱えるストレスを緩和することに加え、お互いがストレスなく、すべてのお客さまにおいしい生ビールをリーズナブルに楽しんで飲んでいただきたいという思いから始めました」

Q.「おい、生ビール」と注文する人が増えたことについて、どう感じましたか。

蒲池さん「冗談、あるいはギャグとして『おい、生ビール』と笑顔で注文されるお客さまも少なからずいらっしゃいましたが、そういうニュアンスでなく注文する人が増え、モラルが低いと感じました。『お客さまは神様』と考える人たちが取った“神様らしい”行動だと感じました。

これが『日本のおもてなしを世界へ』などとうたう日本に暮らす、日本人の一つの実態なのでしょう。悪意のある人たちからの嫌がらせのほか、論理的に破綻したクレームやご意見も多く、辟易(へきえき)しました」

Q.ビールの張り紙は外しましたか。

蒲池さん「外しておりません。外す予定も今のところございません。私たちの姿勢を伝える意味で、掲示は続けます」

Q.飲み放題の延長は可能でしょうか。

蒲池さん「可能です。飲み放題は最初の30分が290円で、それ以降は1分ごとに10円が加算されます。なお、飲み放題は自動延長となっています」

Q.ビールはジョッキで注げるのですか。

蒲池さん「ジョッキは使えません。当店のオペレーションの都合によるものです。極力、ジョッキを使わないことで労働コストを抑え、30分290円で提供することが可能となっております」

Q.お酒をあまり飲まない人も290円になるのでしょうか。

蒲池さん「そうです。ただし、取りに行くのが面倒だったり、ジョッキで飲みたいというお客さま向けに『ジョッキで生ビール(380円)』というメニューも一応用意しています」

Q.「おい、生ビール」と注文する人がいたら、どう対応するのですか。

蒲池さん「売買契約を結ぶ関係上、立場は対等であるはずです。お客様がため口であるならば、店員もため口という図式も当然、成立することになりますので、『ほらよ、生ビール』と言ってご提供したい気持ちは出てくるでしょう。

ただ、そこはぐっとこらえて、『お待たせいたしました、生ビールお持ちしました』と、最高の笑顔と共に当店の『ジョッキで生ビール(380円)』をお出しすることになるかと思います」

 30分290円の飲み放題はうれしいサービスですが、「おい、生ビール」の張り紙に込めた店側の思いが伝わらなかったのは、少し残念です。

(報道チーム)

1 2