• HOME
  • マネー
  • 【6月30日のマーケット】日経平均4日続伸し1万5575円、金融市場に“落ち着き”戻る

【6月30日のマーケット】日経平均4日続伸し1万5575円、金融市場に“落ち着き”戻る

東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比9円09銭高の1万5575円92銭で取引を終了。

EU離脱を决めた英国民投票後の金融市場が落ち着きを取り戻しつつある

 6月30日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸。前日比9円09銭高の1万5575円92銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、きのう29日に欧米株が上昇するなど、金融市場が落ち着きを取り戻しつつあることを好感、寄り付き直後には一時、1万5781円を付ける場面もあったといいます。ただ、その後は、戻り売り圧力に押されて伸び悩んだそうです。

 東証1部33業種中、鉱業、石油・石炭製品など13業種が上昇、一方、繊維製品、水産・農林業など20業種は下落しました。個別銘柄では、ディー・エヌ・エー、東京ドームが買われ、エーザイ、ヤマハは売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比1.87ポイント安の1245.82。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=102円60銭台で推移しています。

日銀短観の想定為替レートに注目

 日経平均の先行きに関して、八代さんが注目するのは、あす7月1日発表の「6月日銀短観」。八代さんによると、大企業・製造業の業況判断指数(DI)が前回3月の「+6」から「+4」に悪化することが予想され、また、事業計画の前提である想定為替レートが3月の「1ドル=117円46銭」から大幅に円高・ドル安に修正される可能性があるそうです。

 八代さんは「新しい想定為替レートに比べて、足元のドル/円レートが大幅な円高・ドル安だった場合、企業業績の下振れ懸念から、日経平均の下押し圧力となる可能性があります」と話しています。

(オトナンサー編集部)

八代和也(やしろ・かずや)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部シニアアナリスト

2001年ひまわり証券入社後、コールセンター、為替関連の市況ニュースの配信、レポートの執筆などFX業務に携わる。2011年12月、マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。市場調査部に所属し、豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨にフォーカスした「オセアニア・レポート」を執筆している。FXに携わり13年。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。