オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

絡まりやすいイヤホン&充電ケーブル、「結ぶ」「巻く」で保管してもよい? メーカーに聞く

有線イヤホンやスマホの充電ケーブルは、絡まないように結んだり巻いたりした状態で持ち運んでも問題ないのでしょうか。周辺機器メーカーに聞きました。

スマホの充電ケーブルや有線イヤホンを結んだり、巻いたりしても大丈夫?
スマホの充電ケーブルや有線イヤホンを結んだり、巻いたりしても大丈夫?

 有線イヤホンやスマホの充電ケーブルなどをバッグに入れて持ち歩く際に、ケーブルが絡まることがよくあり、頭を悩ませる人が多いようです。SNS上では、「イヤホンのケーブルがよく絡まる」「かばんの中でケーブルが絡まるのがネック」「なぜ絡まるのか」「何とかしたい」といった声が上がっています。

 中には、絡まないように、ケーブルを結んだり巻いたりした状態で保管する人もいるようですが、問題はないのでしょうか。パソコンなどの周辺機器の開発や製造、販売を手掛ける、エレコム(大阪市中央区)コンダクションデバイス課の横山敦之さんに聞きました。

断線や発煙などの原因に

Q.有線イヤホンやスマホの充電ケーブルをバッグに入れて持ち歩く際に、絡まることがよくありますが、なぜでしょうか。考えられる理由について、教えてください。

横山さん「ケーブルが絡まる原因はさまざまですが、持ち歩く際の振動によってイヤホンや充電ケーブルがバッグの中で動き、その影響で絡まりが生じることが多いです。

イヤホンのドライバー部分(音を反響させるための部品)や端子部分は重量があるので、振動でバッグの底に移動します。その際、ケーブルとケーブルの隙間を縫うように移動したり、結び目に入り込んだりする場合があります。そうなった状態でバッグから取り出し、ドライバー部分や端子部分を持って引っ張ってしまうと、ねじれたり絡まったりします」

Q.ケーブルが絡まないように、結んだり、巻いたりした状態で持ち歩く人もいるようです。問題はないのでしょうか。

横山さん「結び方や巻き方にもよります。結んだり巻いたりする場合は、できる限り緩く大きな円をイメージしてまとめると良いと思います。固結びのように強い力でケーブルを結んだり、巻いたりするのは良好な保管方法とは言えないので、控えてください。

強い力でケーブルを結んだり巻いたりすると、内部の銅線や被覆に強い力が加わるので、銅線の破断や被覆の破れにつながる恐れがあり、注意が必要です。また、見た目は問題がないように見えても、内部の銅線の一部が破断することによって電気が流れにくくなり、データの伝送速度や充電速度の低下、音質の劣化、ノイズが増えるなどの問題につながる場合があります。

結んだり、巻いたりした状態で長期保管した場合、ケーブルに癖がついて使いにくくなります」

Q.では、日頃から有線イヤホンや充電ケーブルを不適切な方法で結んだり、巻いたりした場合、どうなるのでしょうか。また、製品が断線した後も使い続けた場合、事故につながる可能性はあるのでしょうか。

横山さん「有線イヤホンや充電ケーブルが断線する可能性が高まると考えられます。ケーブルが完全に断線した場合、データ通信や充電ができなくなります。この場合、使えなくなるという問題はありますが、事故が発生する可能性は低いです。

問題は、見た目では分からない内部の部分断線で、例えば、ケーブルを動かすと、使えたり使えなくなったりする『接触不良』のようなケースです。こういう状態のケーブルを充電などに使うと、発熱や発煙、発火の原因となります。接触不良が起きた場合は、すぐにケーブルの利用を中止し、新しいケーブルに交換をしていただきたいと思います。

イヤホンの場合は、ケーブルに流れる電力が小さいので、発熱などの問題が起きる可能性は低いですが、音質の劣化やノイズの発生につながることが考えられます」

Q.有線イヤホンや充電ケーブルが絡まないようにするには、どのような状態で保管すればよいのでしょうか。

横山さん「有線イヤホンや充電ケーブルを絡ませないようにするには、ケーブルを巻くことができる『ホルダー』や『クリップ』といったアクセサリーの利用をお勧めします。ケーブルを円状にまとめた状態で厚みのない収納ケースに入れれば、絡まりにくくなります。

先述の通り、イヤホンのドライバー部分や端子部分が動き回ると絡まりの原因となるので、円状にまとめたケーブルにコネクタ類を固定するのも一つの方法です。長いケーブルの場合は、逆走巻きや8の字巻きをすることで、絡まりを防止することができます」

(オトナンサー編集部)

【要チェック】ケーブルを劣化させない巻き方&便利グッズ

画像ギャラリー

コメント