オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 子ども連れで外食する親に求められるマナーとは お店選びは? 周囲の大人はどうすべき?

子ども連れで外食する親に求められるマナーとは お店選びは? 周囲の大人はどうすべき?

SNS上ではしばしば、飲食店における子どもの振る舞いについて話題となります。「連れて行くべきでない」「店側が許可しているならOK」などと賛否両論が見られますが、子連れで外食する際のマナーとはどのようなものでしょうか。

子どもと外食する際に求められるマナーとは?
子どもと外食する際に求められるマナーとは?

 SNS上などでたびたび話題となるのが、飲食店における子どもの振る舞いについて。「静かに食事ができるようになるまでは、外食に連れて行くべきではない」「店側が許可しているならOK」「子どものいる人といない人では感覚が違う」など、さまざまな声が上がっています。

 子連れで外食する際は、どんな店を選び、どのように振る舞ったらよいのでしょうか。「マナーは互いをプラスにするもの」をモットーに、国内外の企業や大学などで人財育成教育やマナーコンサルティングを行うほか、NHK大河ドラマなどのドラマや映画で俳優や女優へのマナー指導を行い、5月19日に新刊「10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー」(青春出版社)を出版したマナーコンサルタント・西出ひろ子さんに聞きました。

子ども連れ歓迎の店でも、周囲への配慮を

Q.マナー的観点から見て、子ども連れで飲食店を利用することについて、どのようにお考えですか。

西出さん「子ども連れでの入店に関しては、お店によって方針やルールがあるため、一概には言えませんが、サービス面としては子ども連れでもできるだけ制限なく利用できるのがよいと考えています。子ども連れが入店すると、声を上げたり騒いだりするなど、他のお客さんに少なからず関与するのは事実ですし、『大人だけで空間を楽しみたい』という意見も理解できます。しかし、飲食店は個々のお客さんを迎えつつも、他のテーブルを含めた全体が一体となって食事を楽しむ場でもあります。テーブルマナーの大前提である『みんなで楽しくおいしく食事をする』ことを意識するのが大切ではないでしょうか。

ただし、店側が子ども連れ入店を許可しているからといって、周囲に対する配慮を欠く行為はNGです。また、店側が入店に関する条件や明確なルールを設けている場合は、その決まりに従いましょう」

Q.子どもと一緒に飲食店を利用する時のマナーとして、どのような店を選ぶべきでしょうか。

西出さん「前述の通り、子ども連れのお客さんに対するスタンスはお店によってさまざまです。同時に、利用する親にもそれぞれの考え方があるでしょう。利用客全員がお店での時間を気持ちよく過ごせるように、自身の考え方に合ったお店を選ぶことも大切だと思います。どのようなお店に行ったとしても他のお客さんへの配慮は必要ですが、お子さんが静かにしているかわからないと不安な場合は、個室を取るのがベストです。個室までいかなくても、お隣のテーブルとの間がつい立てなどで仕切られたお店を選ぶのも一案ではないでしょうか。カウンター席のお店では、そのいすにお子さんが安全に座ることができる高さ、形状なのか、また、お子さん用のいすがあるのかどうか確認が必要でしょう。

幼い頃から、お店での振る舞いなどを少しずつでも伝える機会を持ち、体験させることは、お子さんの今後にプラスになることだと思います」

1 2

西出ひろ子(にしで・ひろこ)

マナーコンサルタント・美道家・ヒロコマナーグループ代表

大妻女子大学卒業後、国会議員などの秘書職を経てマナー講師として独立。31歳でマナーの本場英国へ単身渡英。同国でビジネスパートナーと起業し、お互いをプラスに導くヒロコ流マナー論を確立させる。帰国後、名だたる企業300社以上にマナー研修やおもてなし、営業接客マナー研修、マナーコンサルティングなどを行い、ほかに類を見ない唯一無二の指導と称賛される。その実績は、テレビや新聞、雑誌などで「マナー界のカリスマ」として多数紹介。「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)などのドキュメンタリー番組でも報道された。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」「龍馬伝」、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」など、ドラマや映画、書籍でマナー指導・監修者としても活躍中。著書に、28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)「マンガでわかる! 社会人1年生のビジネスマナー」(ダイヤモンド社)「マナーコンサルタントがこっそり教える 実は恥ずかしい思い込みマナー」(PHP研究所)「運のいい人のマナー」(清流出版)など国内外で70冊以上。最新刊「10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー」(青春出版社)が2018年5月19日に発売。ヒロコマナーグループ(http://www.hirokomanner-group.com)、プレミアムマナーサロン(http://www.erh27.com)。