オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

妊娠しても流産を繰り返す「不育症」…原因・検査・治療法を医師に聞く

流産を何度も繰り返してしまう「不育症」。女性の心身を苦しめる不育症の実態について、産婦人科医に聞きました。

不育症の実態とは?
不育症の実態とは?

 妊娠はするものの、流産や死産を繰り返してしまう「不育症」。授かった赤ちゃんを死産で失うという、耐え難い悲しみを経験した女性の中には、「子どもが諦め切れないけど、正直、妊娠が怖いです」「次も流産したらどうしよう…とばかり考えてしまう」といった不安の声や、「不妊症の友達から『妊娠できるだけうらやましい』と言われてつらかった」「まだまだ知られていないと感じる」など、不育症の認知度の低さを嘆く声もあります。

 赤ちゃんを望む女性の心身を苦しめる「不育症」について、産婦人科医の尾西芳子さんに聞きました。

2回以上続けて流産したら検査を

Q.そもそも、不育症とは何でしょうか。

尾西さん「不育症とは、妊娠はするものの流産や死産を繰り返し、元気な赤ちゃんを産めないことをいい、2回流産を繰り返すことを『反復流産』、3回以上繰り返すことを『習慣流産』といいます。なお、妊娠検査薬で陽性になったものの、超音波で子宮内に胎嚢(たいのう)が見えてこず、そのまま流産になったものは『化学流産』といい、不育症の診断の際の回数には加えません。

原因としては、子宮の形の異常▽甲状腺機能異常▽母親が『抗リン脂質抗体』という自己抗体を持っている(抗リン脂質抗体症候群)▽両親のどちらかの染色体異常―などが挙げられますが、検査をしても原因が分からないケースが60~70%と多いのが現状です」

Q.不育症と診断されている女性の割合を教えてください。

尾西さん「流産は母親の年齢とともに増加するため、不育症の頻度も年齢が高くなると増加します。習慣流産の頻度は、日本では0.9%、不育症は4.2%、海外でも習慣流産が約1%、反復流産が約5%とほぼ同じ確率と報告されています」

Q.不育症の検査とは、どのようなもので、どんな人に必要とされているのでしょうか。

尾西さん「年齢にもよりますが、1回流産する確率は10~15%です。原因のほとんどは赤ちゃんの染色体異常なので、予防することはできません。また、確率が高いので、2回連続で流産することもまれではありません。ただ、2回繰り返すと赤ちゃんの問題ではなく、母親・父親のどちらかに何らかの問題がある可能性も出てきます。

そのため、不育症の検査は2回以上続けて流産した場合に受けてみるとよいでしょう。また、1回であっても、妊娠10週以降に子宮内で赤ちゃんが亡くなってしまい、原因不明の場合や、『抗リン脂質抗体症候群』の可能性が高い場合も検査を行いましょう。

不育症はいろいろな原因が考えられるため、検査の種類も多く、クラミジアなどの感染症がないかの検査▽甲状腺ホルモンや女性ホルモンといったホルモンの検査▽子宮の形に異常がないかを見るための超音波検査・子宮卵管造影検査・内視鏡検査▽抗リン脂質抗体を持っていないか、血液が固まりやすくなる『凝固因子異常』がないかといった血液の検査などがあります。また、夫婦ともに染色体の検査を行う場合もあります」

Q.不育症と不妊症の違いとは。

尾西さん「不育症は『妊娠は成立する』ものの、流産や死産によって元気な赤ちゃんを産めないことをいい、不妊症は『妊娠自体が成立しない』ことをいいます。そのため、『不妊症の人が不育症でもある』ということはあり得ません」

Q.不育症は、どんな治療を行うのですか。

尾西さん「まずは肥満や喫煙、飲酒習慣といった初期流産を増加させるリスクを改め、その上で、原因に応じた治療を行っていきます。原因がさまざまなので、治療法もそれぞれ異なります。例えば、血液が固まりやすくなり、血栓ができる『抗リン脂質抗体症候群』の人は、低用量アスピリンの内服を行います。子宮の形に異常がある人は、場合によっては子宮鏡による手術を行うこともあります。また、ホルモン異常の場合は、その異常に応じた薬によってホルモンを正常値に近づける治療を行います。

一方、原因が特定できないケースでも特に高齢でなければ、今までの流産が3~4回の場合、治療をしなくても次の妊娠で出産できる可能性は60~70%といわれています」

Q.不育症は、妊娠はするものの流産や死産を繰り返してしまうことから、不妊症とは異なる精神的ダメージを受けることと思います。女性の精神面について、産婦人科ではどのように関わっているのですか。

尾西さん「特に原因不明の不育症の人は、何がいけないのか、どうしたらよいのか分からず途方に暮れることも多いのですが、つらいときは一人で抱え込まず、かかりつけの医師に相談してみましょう。こうした人にカウンセリングや定期的な診察を行うことで、流産率が下がることが分かっています。不育症は専門的な分野のため、専門の先生に紹介をする場合もあります」

Q.不育症の女性の中には「周囲にあまり理解されない」「妊娠したいのに、妊娠自体を怖いと思うようになってしまった」などの悩みを抱える人も少なくないようです。

尾西さん「不妊症とはまた異なり、『妊娠した』という喜びの後の喪失感は、経験した人にしか分からないくらい、つらいものだと思います。ましてや、それが何度も繰り返されると『本当に赤ちゃんに出会えるのだろうか』と不安になることも多いでしょう。

本当につらいと思いますし、『そのつらさが分からないから言えるんだ』と思われてしまうかもしれませんが、不育症は原因が分からない場合でも、回数を重ねたら元気な赤ちゃんを授かることができるので、どうかめげず、諦めず、前向きに妊娠を考えていただけたらと思います。

そのためには、パートナーや両親の支えが必要です。女性は『自分のせいだ』と自らを責めがちになってしまうので、決してそうではなく、治療や妊娠に前向きになれるようにサポートして、『一緒に赤ちゃんを迎える日まで頑張ろう』という姿勢を見せてあげていただきたいと思います」

(オトナンサー編集部)

【画像】「子宮」「胎内」はこうなっている

画像ギャラリー

尾西芳子(おにし・よしこ)

産婦人科医(日本産科婦人科学会会員、日本女性医学学会会員、日本産婦人科乳腺学会会員)

2005年神戸大学国際文化学部卒業、山口大学医学部学士編入学。2009年山口大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学附属病院研修医、日本赤十字社医療センター産婦人科、済生会中津病院産婦人科などを経て、現在は「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と、女性の全ての悩みに応えられるかかりつけ医として、都内の産婦人科クリニックに勤務。産科・婦人科医の立場から、働く女性や管理職の男性に向けた企業研修を行っているほか、モデル経験があり、美と健康に関する知識も豊富。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/)。

コメント