オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

コロナで太って今からダイエット? 努力をムダにしないための秘訣は

外出自粛などで太りやすい環境が続きます。ダイエットコーチの野上浩一郎さんに正しいダイエット法を聞きました。

外出自粛などで太りやすい環境が続きます。ダイエットコーチの野上浩一郎さんに正しいダイエット法を聞きました。
外出自粛などで太りやすい環境が続きます。ダイエットコーチの野上浩一郎さんに正しいダイエット法を聞きました。

「コロナ禍で太った」「自粛中にリバウンドした」と騒いでいる人はいませんか。そんな人ほど、ダイエット方法を間違っているものです。今回は、ダイエットコーチとして活動する野上浩一郎さんに正しいダイエット法について伺います。

リバウンドする人に共通すること

 ダイエットに成功して、その後、リバウンドする人には共通点があるようです。そのキーワードは「非日常」。どのようなことでしょうか。

「理由は文字通り『日常』ではないからです。ダイエットは長期戦で考えなければいけません。『非日常』のダイエット期間を終えると、その後はダイエット期間よりも圧倒的に長い『日常』が待っています。『非日常』のダイエット例はいくつかあります。主食をカット(米・パン・麺類禁止)、ハードな運動を実施(パーソナルトレーニング、毎日ランニング等)、嗜好(しこう)品禁止(お菓子やお酒禁止)が挙げられます」(野上さん)

「考えてほしいことは『この生活、一生続けられますか』ということ。もし、続けられないと思ったなら『非日常』だということです。このような『非日常』になった瞬間に管理ができなくなってしまいます。最初は緩めにルールを設定することが大事です」

 大手トレーニングジムのCMに出演したお笑い芸人がいました。大幅なダイエットを実現し、肉体改善を行ったことから大変な評判になりました。先日、その芸人がテレビに出演していましたが見事にリバウンドをしていました。肉体を維持することは簡単ではないのですね。

「だって、人間ですから。自分を過信しないことも時には大切です。目標は『お米は8割盛りで、おかわりはしない』『買い物は車や自転車は使わずに早歩き』『お菓子は週2回まで、お酒は休肝日を入れる』など緩く設定しましょう。これなら、一生続けられそうじゃないですか」

「私は『90日間で痩せる』ではなく、『90日間で痩せられる心と体を手に入れる』ことを目標に指導しています。もし、あなたがリバウンドを繰り返してしまうなら、『非日常』と『日常』を見直した方がいいでしょう」

あなたの努力は報われるのか

 ダイエットにおいて、あなたの努力は「報われるとは限りません。正しい努力をしなければ報われません」と野上さんは言います。

「それには3つの努力を知ることが必要です。学生時代のテスト前日を思い出してみるといいでしょう。問題集を解いたり、テスト範囲の単語を暗記したりすることが『直接的努力』。最も得点アップにつながる努力です。教科書を読んだり、ノートをまとめたりすることが『間接的努力』。これを前日にやっても効果は薄いです。突然、思い立ったように始める『一夜漬け努力』も効果がありません」

「ダイエットが成功しない人は『間接的努力』『一夜漬け努力』をやっている人が多いのです。何を食べればいいのか分からず、気付かずに太るものを食べている状態で激しい運動をして、痩せないと落ちこむ人。YouTubeから拾ってきたヨガや謎の自己流ストレッチを継続して、毎日運動しているのに…と嘆く人などが当てはまります」

 ほかにも、生活習慣が乱れた状態でダイエットをして成果が上がらず、「痩せない体質なのだ…」と決めつけるような人もいます。

ダイエット成功の3本柱とは

 野上さんは、ダイエットの3本柱が大切だと言います。どのようなことでしょうか。

「(1)食習慣(2)運動習慣(3)生活習慣です。さらに、これらの直接的努力が何かを知ることです。それさえ分かれば、努力の総量が少なくても成果を出すことが可能です。そうなると努力が楽しくなっていきます。理想は努力とすら思わない状態です。どうせやるなら、楽しくできる状態にしていきましょう」

 痩せられない人は正しい努力ができていないと野上さんは言います。どうせやるなら、成果を出す方法を理解してから本気で取り組みたいものです。今から始めれば、夏にはたくましいボディーを手に入れられるかもしれません。

(コラムニスト、著述家 尾藤克之)

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家 尾藤克之

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント